さがみはら国際交流ラウンジ

所用で「さがみはら国際交流ラウンジ」にいった。
在日外国人の生活をサポートしている。

土曜の午後だったので日本語教室が開かれていて、外国人であふれかえっていた。
アジア系と南米系の人が多く、おそらく3K職場で働いているひとたちだろう。

グループに分かれて熱心にひらがなや漢字のワークに取り組んでいる。
日本人のボランティスタッフが面倒を見ていた。

日本人が外国語を学ぶのはキャリアのステップアップのためが多いように思うが、
ここでは日々の暮らしのためだ。
言葉が分からなければまともに暮してはいけない。
切実感が全く違う。

低賃金で長時間働きながら高額な日本語学校などに通えるわけはない。
ここで行われている日本語教室は教材のコピー代くらい。

このラウンジが確かに外国人たちを守っていることか日本語教室だけからもわかる。
価値ある仕事というのはこういうことだ。



















[PR]
by HoppyKosey | 2017-06-15 00:39 | 出かけた | Comments(0)