カテゴリ:音楽( 314 )



いつもの小さな掛声も出ないほど、何かが憑依した上原ひろみの演奏

















[PR]
by HoppyKosey | 2017-06-21 00:58 | 音楽 | Comments(0)

SO NICE!


こういうふうなのがワタクシのやりたい感






[PR]
by HoppyKosey | 2017-05-27 00:25 | 音楽 | Comments(0)


a0163788_21555989.jpg
大型スーパーとかドンキで5000円くらいで売られている
ちびっこ向けのスピーカー付キーボード。

ヘッドフォン端子にこれをかまして
L・Rでアンプ出ししてみな

スゲえ迫力(^^)/



















[PR]
by HoppyKosey | 2017-05-26 00:38 | 音楽 | Comments(1)

Roland Go-Piano Go-key

a0163788_20140809.jpg
これね、重さが3.9kg こりゃ軽い
鍵盤数は61 うむ、使いようですかね
値段は4万円台 安い
音色  まあそんなものかな

それより鍵盤のタッチがとても優れている。
この値段では珍しい。

GO-PIANOとGO-KEYの設計思想がよくわからないが
PIANOのほうが操作を単純化しているようだ。

どちらも可愛くておススメ。
ゴマカヨさんは明日買いに行くべし。












[PR]
by HoppyKosey | 2017-05-17 00:13 | 音楽 | Comments(0)

テレビ番組 上原ひろみ

その場にいたら、泣いちゃうか倒れちゃうと思うワタクシであります。




,













[PR]
by HoppyKosey | 2017-05-15 00:47 | 音楽 | Comments(0)

a0163788_20203885.jpg
あんなものやこんなものや・・・









[PR]
by HoppyKosey | 2017-05-11 00:19 | 音楽 | Comments(0)

強烈なコード進行

ちぇこかっぱの新曲練習、ウヘェと思うコード進行に出食わしました。

薬師丸ひろ子の「WOMAN・・Wの悲劇」の展開部
a0163788_19065540.jpg
声が~のとこで AbM7onBb で伸ばしておいて
次にBbm7(9)に持っていく。

ここで転調しているんだけど(9)の威力です。

何事もなかったようにGからCへと戻すあたりが天才的な呉田軽穂(ユーミン)さまです。


ユーミンと言えば中央フリーウェイも有名ですがこちらもウヘェです。

a0163788_19161055.jpg
のっけからバシバシきます。力づくで部分転調。
ジャズでいうところのテンションノートとは違って
全くメロディーラインに沿ってコードが振られるわけです。
コードの振り方には元来決まりはないのだけど、こういう曲はかなり縛りが強いですね。
部分転調したら戻しをどうするのかが問題ですが
a0163788_19202437.jpg
こうやって心地よく戻してしまうわけです。こんな事が出来る人はそう多くはいません。

有名なジョージア・オン・マイ・マインド、レイ・チャールズなんかで有名な曲です。
こちらもウヘェです。

a0163788_19270763.jpg
サビに入る前にG-C-B-Eと運んでいってEm5+
この5+でサビに突入する仕掛け
そして戻りがC#やG#のオーギュメントで一種の力技
それが自然に感じられるところがウヘェです。

長々書きましたが、普段コードで演奏する人はこのウヘェに頭が下がるわけです。




おしまい

ところで「ちぇこかっぱ」に新メンバー参加です。
以前もライブでお願いしたこちらの方です ↓
a0163788_19360404.jpg







[PR]
by HoppyKosey | 2017-05-08 00:03 | 音楽 | Comments(0)

a0163788_15562949.jpg


「ラーメンな女たち」矢野彰子×上原ひろみの東京追加公演に行った。

親子のような二人のゆったりとしたトークと縦横無尽で息がぴったりの即興。

全曲、自らのアレンジということもあってか「本気」を出した上原ひろみは凄かった。しばしば立ち上がって鍵盤を叩く超高速でパーカッシブな曲から、柔らかく全てを鎮かに包み込む曲まで、上原の引き出しの多さにあらためて驚かされる。

かわいらしい小柄な彼女が演奏している仕草と表情がたまらないしスニーカーもいい(^^)

しかし、このピアノに負けないのが矢野の歌、さすがです。

二人の天才にカーテンコールはオールスタンディングオベーション。

行ってよかった。

開演ぎりぎりまで、そして20分の途中休憩も上原が弾く方のピアノは調律をしていた。

演奏が激しいから弦が伸びるのかな?

a0163788_15580690.jpg

では楽しくて指が止まらなくなった上原ひろみをご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=w-02CXhGXCQ













[PR]
by HoppyKosey | 2017-05-02 00:55 | 音楽 | Comments(0)

初めて木村充揮のライブに行ったときのことは今でもよく覚えている。
1981年8月 博多のライブハウス、 「憂歌団」のときだ。
開演が30分くらい遅れ異様な熱気で会場は爆発しそうだった。
終演後もアンコールが止まず本当にメンバーは閉じ込められて、
一瞬表情が恐怖にひきつったように見えたほどだった。

それから「憂歌団」が横浜に来るときは必ずと言っていいほどライブに通うようになった。

その「憂歌団」は1998年に活動休止、東京最終公演はチケットが売り切れ行くことができなかった。

その後、木村はソロで全国を回ることとなり、横浜の小さなライブハウスにも毎年やってきて「天使のだみ声」を聴かせてくれた。ワタクシは木村の姿が現れただけで神々しさに涙が出るほどのファンだった。

先日3月24日、久しぶりに横浜関内デリカートでのライブに行ってきた。
温かい歌と、観客との丁々発止のやり取りは健在。
ちょっと今までと違ったのは大概、噴き出す汗でドロドロの顔面になっていたが
63歳、汗の量が減ったようだ(笑)。

ところでこの日は木村の誕生日とのことで店側がケーキを出したが、誕生日なんか関係ない風にトボケる木村、こういうところがカッコイイのだ。
木村がライブでプライベートを語ることはこれまで一度もなかった。

もうひとつ、会場の「デリカート」はワタクシが昔々、辛い恋に落ちたとき彼女と通い詰めた店。
まさかまだ営業しているとは驚きだった。

a0163788_20270380.jpg


前座の「masaenomad」さん
初めてお見受けしたがとてもいい、
あらためて聴きに行こうと思う。
a0163788_20373546.jpg





















[PR]
by HoppyKosey | 2017-03-30 00:17 | 音楽 | Comments(0)

ベース入門




そうだ、ベースを練習してみよう・・・・
息子から1本借りてきた。
このベース、百戦錬磨って感じ。

a0163788_21141422.jpg


おや、弦が指に吸いつく感じだ。
これっていいベースなんだろうな。

a0163788_21144428.jpg


調べてみたら1974年製のFender USA Precision Bass 
ビンテージらしい。

ボディはアルダーでサンバースト塗装、指盤はメイプル


いい楽器のほうが上達するってことが実感できる。
とはいえ、いい楽器はとても高いから
初心者には手が届かないものだ。

a0163788_21301869.jpg


とりあえずありがたく「ちぇこかっぱ」を練習中













[PR]
by HoppyKosey | 2017-01-19 00:55 | 音楽 | Comments(0)