こちらは「内航新聞社」の検索サイト
月別に表示される。

http://www.naikou.co.jp/baisen/index.html

東南アジアに売られているケースが圧倒的だ。

a0163788_195957.jpg



こちらはフェリーの行方を追った個人サイト

http://advectionfog.net/international/japanese.html

普段乗っていた人にとっては懐かしいだろう。





[PR]
by HoppyKosey | 2016-12-10 00:58 | 船の経歴 | Comments(0)

a0163788_201989.jpg


VESSELファインダーというサイトには驚かされた。
これは東京湾だが、ここからズームアップしていくと表示される船数がどんどん増える。
 
丸印は停泊中、三角は航海中。
色分けは貨物線、タンカー、客船といった船の用途を示している。

印をクリックすると左カラムに船の詳細が写真とともに掲示される。

このサイトで世界中の大型船のいる場所が検索でき、
また地図に示された場所にいる大型船の詳細を知ることができる。

中国の長江を遡上中の船、ベネチアに横付けされている巨大クルーズ客船
さすがに軍艦となると情報がぐっと少なくなる。

https://www.vesselfinder.com/

船舶データも表示でき、経歴も知ることができる。













,
[PR]
by HoppyKosey | 2016-12-05 00:08 | 船の経歴 | Comments(0)

a0163788_21394712.jpg


数年前、初めての「親孝行」でワタクシの老父母を「ふじ丸」の引退クルーズというのに招待した。
a0163788_21402729.jpg

a0163788_21522985.jpg




初めて見る両親の睦ましいような様子
見ている方が動揺する。
a0163788_21412982.jpg


ふじ丸は日本初のクルーズ大型客船
この日は馴染みの人たちが集まったらしくわが老夫婦は完全なアウェー
気の毒な事をした。

ふじ丸はその後、福山の常石造船で「療養船MIRA1」に改造された。

ところがこの「療養船」の許認可がうまくいかずボツになり、そのまま造船所の端っこに四年も係留されている。


Google mapで探したら いた!

a0163788_21475735.jpg

こんなサイトもある
http://idyllicocean.com/shipsdb/ship14_info.php?lang=jp&id=2270

これからどうなるのだろう。

経緯が詳しいのはこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/mkiipen/32772620.html
















[PR]
by HoppyKosey | 2016-11-06 00:38 | 船の経歴 | Comments(0)

何度も書かせていただき恐縮だが、考えれば考えるほど数奇な話だ。

和歌山でカツオ漁船「第7事代丸」として進水 1947年
a0163788_1521790.jpg


売却されマグロ漁船に改造されて「第五福竜丸」となった。
a0163788_1541931.jpg


ビキニ環礁付近で操業中にアメリカの水爆実験で被爆したは1954年

政府が買い上げ被曝調査や放射能除去作業後、東京水産大学の練習船「はやぶさ丸」となった。
a0163788_1555534.jpg



老朽化で廃船、ゴミ捨て場に棄てられたのが1967年。
十年近く経ち、船体を発見した人たちが奔走して復元保存にこぎつけたのが1976年だ。
a0163788_1584221.jpg



一方エンジンは1967年の廃船時に売却され「第三千代川丸」に搭載され第2の人生を送ることとなったのだが翌年「第三千代川丸」が三重県熊野灘沖で台風により座礁・沈没してしまった。


ところが1996年、28年ぶりにエンジンが海中から引き上げられ、
今は「夢の島第五福竜丸展示館」の庭で保管されている。

ワタクシはこのハナシを伝えたくて何度も拙ブログに書いている。


http://bbbrothers.exblog.jp/5197907/
http://hoppykosey.exblog.jp/11093848/
http://hoppykosey.exblog.jp/22141748/





[PR]
by HoppyKosey | 2016-11-04 00:22 | 船の経歴 | Comments(0)