カテゴリ:出かけた( 253 )

所用で「さがみはら国際交流ラウンジ」にいった。
在日外国人の生活をサポートしている。

土曜の午後だったので日本語教室が開かれていて、外国人であふれかえっていた。
アジア系と南米系の人が多く、おそらく3K職場で働いているひとたちだろう。

グループに分かれて熱心にひらがなや漢字のワークに取り組んでいる。
日本人のボランティスタッフが面倒を見ていた。

日本人が外国語を学ぶのはキャリアのステップアップのためが多いように思うが、
ここでは日々の暮らしのためだ。
言葉が分からなければまともに暮してはいけない。
切実感が全く違う。

低賃金で長時間働きながら高額な日本語学校などに通えるわけはない。
ここで行われている日本語教室は教材のコピー代くらい。

このラウンジが確かに外国人たちを守っていることか日本語教室だけからもわかる。
価値ある仕事というのはこういうことだ。



















[PR]
by HoppyKosey | 2017-06-15 00:39 | 出かけた | Comments(0)

源氏  横須賀中央駅前

a0163788_20384345.jpg

20年ぶりくらいの横須賀中央

休日外出中の自衛隊教育隊
彼らの制服姿が
「海軍」の街らしい。

















[PR]
by HoppyKosey | 2017-05-23 00:37 | 出かけた | Comments(0)

ちょいとおでかけ

半日ほど時間が空いたので
a0163788_21080783.jpg

つい「濃いめ」を買ってしまう

せっかちでケチだから

a0163788_21101365.jpg
お城を尻目にてくてくと坂を登る

a0163788_21264333.jpg

到着しました  場内はのんびりムード

a0163788_21271481.jpg
ここをノックしたいものです。


ちなみにここ小田原競輪では
2011年1月12日の第2レース3連短で
458万2050円という配当が出ている

100円が約4億6千万になったというわけ


















[PR]
by HoppyKosey | 2017-04-28 00:05 | 出かけた | Comments(0)

覚えやすい店名

a0163788_19484369.jpg
a0163788_19490283.jpg
a0163788_19492806.jpg


横浜 伊勢佐木町界隈 2017.3月









[PR]
by HoppyKosey | 2017-03-28 00:47 | 出かけた | Comments(0)

人魚のミイラの作り方

a0163788_20581432.jpg

国立歴史博物館(千葉佐倉)で開催中の「見世物大博覧会」に行ってきた。

江戸時代、「人魚のミイラ」がヨーロッパに輸出されていたとは知らなかった。

サルと鮭をくっつけて作るらしいが工程が複雑、きっと高価で取引されていたことだろう。

今、作ろうとすると、鮭は買えるがサルは自分で獲らねばならない。

a0163788_20595316.jpg
a0163788_21003064.jpg

「見世物大博覧会」は昨秋、大阪の民族学博物館で開催された。

遠いので行くのを我慢していたところ、千葉歴博に巡回してくることを知り心待ちにしていた。

ところが、大阪では特設会場に溢れんばかりの見世物ワールドが展開していたのに、千葉歴博では、常設近世展示室の片隅に「見世物」コーナーが4か所設けられていただけ。

展示点数もわずかで、これだけですか?と思わずスタッフに訊ねたほどだ。


a0163788_21013904.jpg

心底ガッカリ、大仰なポスターにすっかり騙された。

騙すのが「見世物」と言われれば二の句が継げないけど・・・

「人魚ミイラのつくりかた」くらいしか収穫がなかったが、せっかく行ったので普段あまり買わない「展覧会図録」購入。

この図録は満足だ。

a0163788_21022403.jpg

たまたま開催されていた講演会「幕末維新期の新吉原遊郭について」に参加。

こちらはまた別の機会に報告する。

a0163788_21030126.jpg


[PR]
by HoppyKosey | 2017-03-15 00:54 | 出かけた | Comments(0)

株式会社 杉本吉十郎

a0163788_21370365.jpg






2017・3・5  横浜黄金町








[PR]
by HoppyKosey | 2017-03-14 00:35 | 出かけた | Comments(0)

原鉄道模型博物館


ワタクシタチ高度経済成長期少年の憧れは、ラジコン飛行機、トランシーバー、アマチュア無線そして鉄道模型、シーモンキーってのもあった

シーモンキー以外はどれもお小遣いでは手が届かない代物だが、まれに裕福らしき同級生が親子で楽しんでいたりして、テレビで見る外国人家庭のようで眩しすぎた。

前置きはともかく、横浜駅東口にある「原鉄道模型博物館」へ行ってみた。

まず原信太郎氏(故人)が少年時代に作った鉄道模型をみて自分も作ってみたくなった。

精巧で見事、その後、彼は数千輌を作った。


a0163788_21591566.jpg

ワタクシの少年時代はHOゲージが主流だったが原氏の模型は随分大きなOゲージ(スケールは1/30?)

模型もさることながら原氏の開業一番乗り切符コレクションもあっぱれ。

学生時代から一番乗り切符を得るため発売の何日も前から駅に泊まり込んだとのこと。

これは東海道新幹線の1番切符だそうだ。

a0163788_21594378.jpg

模型、切符展示や原氏の撮影写真アーカイブコーナーの先は鉄道ジオラマ。

ここに走る鉄道模型の最大の特徴は架線からパンタグラフで電力を取っていることだろう。

路線にすべて架線が整備されているわけで、よく考えるとこれはかなり大変なことである。

a0163788_22001374.jpg








[PR]
by HoppyKosey | 2017-01-30 00:57 | 出かけた | Comments(0)

a0163788_19443773.jpg

お、ナローゲージ

去年の夏は三岐鉄道に乗りにいった。

いいねぇ、台湾鉄道

台湾は行ったことないけどこの鉄道はYOUTUBEなどで見たりしてた。

というわけで出かけたら宣伝の割には小規模な展示に拍子抜け。

とはいえ恐らく日本植民地時代、サトウキビ農園へ労働者を満載し運んでいる無蓋車の映像は強烈な印象。なんで自分がこういうのに惹かれるのかは謎。

a0163788_19450941.jpg


また、元館長の原信太郎氏(故人)が1970年代に台湾で撮影した鉄道旅行映像もたっぷり観賞した。30分くらいかな・・・原氏のナレーションがよかった。

昨年観た、劇団維新派の故松本雄吉氏が台湾をロケハンしたときの記録映像にも原氏が訪問した景勝地が映っていた。

会場の外に1921年製ナローゲージ車両が台湾から移送され展示されていたが、おっと見ないで帰ってきた。

台湾に行きたいな、貯金でも始めるかな。

会期は3月13日まで 横浜 原鉄道模型博物館












[PR]
by HoppyKosey | 2017-01-28 00:42 | 出かけた | Comments(0)

東京ジャーミー

a0163788_19501735.jpg

東京ジャーミーは東京の代々木上原駅近くにある
イスラム教の礼拝所(モスク)

2000年に竣工で施工は鹿島建設
ごらんのように美しい。

見学するなら礼拝時間がおすすめ

一番にぎわうのは金曜の昼礼拝
しかし人が多くて礼拝所に入れないこともあるから
金曜の午後礼拝がいいかも

個人での見学は特に予約は要らない。
礼拝時間はイスラム時間なので問い合わせるといい。

礼拝見学はさほど厳しいきまりはなくて、
静かにすること
後ろで見学すること
女性は髪や肌を隠すこと(これは布や服を借りられる)
写真を撮らないこと
くらいだ。

礼拝が終われば場内をうろうろできる。
礼拝所の下はトルコ文化センターになっていて
しばしばイベントが開催されている。
トルコ土産を買うこともできる。

縁があってもう何年来のお付き合いになる。


[PR]
by HoppyKosey | 2017-01-26 00:49 | 出かけた | Comments(0)

白金のドンキとツルハ

a0163788_21090485.jpg
白金色のドンキとノーマル色のツルハ













[PR]
by HoppyKosey | 2017-01-22 00:07 | 出かけた | Comments(0)