<   2010年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧


[PR]
by hoppykosey | 2010-04-30 21:39 | PetiteMaison | Comments(2)

ハセガワ固定8日目

a0163788_21213988.jpg


ご覧のようにギブス(ギプス)している。はめてるだけだから風呂のときは外せる。

8日前、医師(神経質そうな痩せ型の40代、姜 尚中に少し似てる)が幅広のテープをワタクシの手首に巻きつけた。誰だって湿布薬と思う。
ところがその後、姜はワタクシの指を一本一本確かめるようにしたのち「今から10分くらいじっとしていろ」と言っておもむろに前かがみになりワタクシの手を包むように両手で握りしめた。
なんだなんだ・・・? どうしていいのかわからないワタクシは握られた自分の手を見るしかなかった。

極めて気詰まりな10分間が過ぎ、医師姜もワタクシも慌てたように手を離した。
なんだよ、あらかじめ「10分間で固化するギブスを装着します」という説明がなかったために変な気持ちになってしまったじゃないか。

痛みの原因は不明とのことで治療は湿布して固定しているだけ。
要するに自然治癒待ちだが、8日目となりドアノブくらいは回せそうな回復具合だ。
予定では2週間固定。
固定していると痛くないから助かる。指は動くのでたいして不便はない。
[PR]
by hoppykosey | 2010-04-30 21:22 | ひとこと | Comments(4)

ゴマカヨとの再試合

a0163788_20555815.jpg
ちょうど1年ぶりに宿敵ゴマカヨとの「試合」。
今回は公共施設の音楽室なのでピアノ以外の機材は持ち込み。
13時~21時という8時間の長丁場、ワタクシは左手ギブスでの無謀な参加。
a0163788_2057587.jpg



第一部「さるかに合戦」
「ゴマカヨ」の演奏曲は 「素敵なあなた」「からんころん」「ケセラセラ」
「なのナノ」の演奏曲は 「私のお気に入り」「一人ぼっちの羊飼い」「ドレミの歌」
「ちぇこかっぱ」の演奏曲は 「自転車」「ミネソタの卵売り」「HAPPYビーム」

勝敗は引き分け
a0163788_20581643.jpg


第2部「ジャンケン・セッション」
「あの素晴しい愛をもう一度」「ケサラ」「ジョニーBグッド」「LazyBones」「小雨降る径」「Rose」「Mojo」「マッチが売れたら」「FlyToTheMoon」など、特に「bluesROSE」はよかった!
a0163788_20583828.jpg
a0163788_20585361.jpg


3戦目も楽しみ!!

前回の様子はこちら
http://bbbrothers.exblog.jp/11479956
a0163788_20591537.jpg

[PR]
by hoppykosey | 2010-04-29 21:00 | ちぇこかっぱ | Comments(2)

レントゲン技師

a0163788_1837455.jpg
手のレントゲンを撮った。

技師は撮影台の上でワタクシの手の向きを決めてから「動かさないでくださいね」と言いながら隣の部屋に退避しドアを閉めてパチリ。

すぐ戻ってきて、手の向きを変えて隣の部屋に退避しドアを閉めパチリ。

またすぐ戻ってきて、手の向きを変えて隣の部屋に退避しドアを閉めパチリ。

またすぐ戻ってきて、手の向きを変えて隣の部屋に退避しドアを閉めパチリ。

というわけで、レントゲン技師というのは一日中、扉を開け閉めする職業である。
[PR]
by hoppykosey | 2010-04-29 18:37 | 出かけた | Comments(2)

a0163788_21171218.jpg
敦賀にある原発の「もんじゅ」は発電するたびに新たな燃料を産みだすという「ウチデノコヅチ」&「ハナサカジジイ」&「マルチ商法」&「濡れ手に粟」&「一石二鳥」&「一粒万倍日」的な奇跡の発電所である。
ところがうまく動かず、1995年には事故発生、それ以来ずーっと停止していた。

しかし先日、ついに国と石川県の間で「もんじゅ」再開が合意されたそうだ。
「その代わりに能登新幹線の建設を約束」なーんて筋違いのウラバナシも報道されている。

ところでふと思ったが、「もんじゅ」は予備設計が1968年と大昔だ。1995年に停止してからも15年も経っている。これはWindows95デビュー時。
その後、テクノロジーは革命的に進歩したことを思うと、古い「もんじゅ」は廃炉して別のものでやり直したほうがいいんじゃないかな。

さて、ここまでは前置き・・・・
「高速増殖炉」を3回繰り返すと早口言葉になるとおもう。
a0163788_21172623.jpg

[PR]
by hoppykosey | 2010-04-27 21:17 | ひとこと | Comments(3)

ウタマロ マホー石鹸

a0163788_19314545.jpg

これでオネイサンに洗って欲しい。
[PR]
by hoppykosey | 2010-04-27 19:32 | バカバカしいお話 | Comments(2)

a0163788_19252072.jpg
先日はCescoKappaちぇこかっぱで東京中延にあるボナペティというジャズクラブに出演した。ここのピアノがとっても「鳴る」って感じでした。

ピアノの練習をするならこういう楽器がいいね、素直に反応してくれるだけでなく弾いてるとピアノが「こういうのはどう?」って提案してくれる気がする。

ローゼンストックと書いてあったのでドイツ製と思ったが、調べてみるとドイツのはRODENSTOCK。
そしてこちらは韓国の英昌楽器が製作しているRosenStock。
ネットでお値段を調べると60万円!!うほーい!こりゃYAMAHAの半分以下だから置ける場所さえあればオススメです。
ピアノは個体差も大きいし日ごろのメンテも大事、でもこのピアノはコンディション絶好調。製作者も嬉しいだろうね(^^)。いいものに出会えました。ヘタクソなのに偉そうで申し訳ありませんけど・・・

当日の演奏曲は

①HAPPYビーム  (ここなあきこ) 
ワタクシとしては→ まだまだ磨き込みます、意欲満々

②自転車  (ここなあきこ)  
ワタクシとしては→ こりゃいいわぁ~ ホンマ

③小雨降る径 (シャンソン1934年) 
ワタクシとしては→ しっとり泣けます

④当たり前のことさ (ミュージカル:「アニーよ銃をとれ」より。1946年)ワタクシとしては→ まだまだ遊びますよ、おもしろいから。

⑤ミネソタの卵売り (暁テル子1951年)ワタクシとしては→ お任せください!

⑥ありがとう (ここなあきこ)ワタクシとしては→ 紅白ねらってます。

⑦SUPER FORK SONG (矢野顕子)ワタクシとしては→ 難曲です 2号。

⑧カンパニュラ・ガルカニアの花 (ここなあきこ)ワタクシとしては→ 弱音で単音からブロックコードにいくとこが好き


こちらに当日の音源と写真の一部がありますのでお暇な方のみどうぞご覧ください。
http://www.myspace.com/ceskokappa

*手の修理でライブはお休み中ですが、6月5日(土)のお昼に東京板橋BlueRoseさんにて「ちぇこかっぱ」で復活予定です。よろしくお願いいたします。
[PR]
by hoppykosey | 2010-04-26 19:27 | ちぇこかっぱ | Comments(0)

やきとり屋 その2

「もつ焼き」のメニューは難解だから足を運んで憶えるしかない。
ホルモン焼ともいう。語源は、捨てる部位で「放るもん」という説とホルモン剤のように元気が出るからという説があります。

ワタクシが好きなメニューは(順不同)
ズリ:鶏のスナギモ
シロ:ブタの小腸
タン:ブタやウシの舌
トリカワ:鶏の皮
センマイ:ウシの3番目の胃袋

ほかにもその日の気分で食べますよ。でも「刺系」は苦手です。
ハツは心臓、カシラは頭の肉、レバーは誰でも知ってます。他にもミノとかハチノスとかシビレとかコブコロ、ガツとかいろいろあります。名前が全般的に不気味です。

ところでクイズですが、次の2つは読めますか?
「摘入」「捏ね」
読めたら違いがわかりますか?「摘入」は焼き鳥屋にはありません。
a0163788_18272216.jpg

[PR]
by hoppykosey | 2010-04-25 18:27 | 出かけた | Comments(4)

ハセガワ氏の今後について
a0163788_17424435.jpg


「TFCC」という病気?かもしれないがテフココって読める、冬場に温かくておいしそうだ(笑)

手術なんか嫌だから、もしそういわれたら逃げ出して湯治に行く(^^)/
どこがいいかしら 楽しみだ! 自炊というのがいいね!
ひと月くらい行くといいだろね~、だれか遊びにきな!!
湯治中も呑めるよね、少しならいいさあ~

夢がかなうといいなあ

説明:ハセガワ氏はPetiteMaisonのベーシスト、透明人間なのでライブでは音がすれど姿が見えないというわけで不思議に思われてきた「人物?」です。ハセガワ氏はサブ・キーボードMaicroXを用いてベース音源を弾いていました。2ヶ月ほど前から支障が発生し現在はホータイで固められています。ちなみにハセガワ氏が固められても本体はそれほど支障ありません。水仕事がやりにくいことと服の袖がなかなか通らない・・そんなところです。

湯治に行くようになればまたご報告します!!
a0163788_1743294.jpg

[PR]
by hoppykosey | 2010-04-25 17:44 | PetiteMaison | Comments(4)

やきとり屋 その1

a0163788_16513710.jpg
左は「キンカン」、右は「ヒモ」
こういうのを食べられる「やきとり」屋は貴重である。

「ねえ、アタシ焼鳥食べた~い」「じゃブタの焼鳥でいい?」「・・・・?」ということもよくあるのでオサライをしておこう。

東京や神奈川では「やきとり」屋の「やきとり」は必ずしも鶏肉とは限らなくてブタ肉の場合も多い。専門店以外で「焼鳥盛り合わせ」を頼んですべてが鶏肉であることのほうが珍しいくらいだ。

「えっとー アタシはタン塩くださーい!」「えーっ これってブタだったの やだぁ・・」とおっしゃる彼女、ニワトリのベロがこんなデカいわけないでしょ(呆)。

「えーっ これベロなの 気持ち悪ぃ」とおっしゃる彼女、自分で頼んだんでしょ(呆)。

「こんなの食べるなんてサイテー、信じられない」とおっしゃる彼女、あなたホテルのレストランでタン・シチューとか・・食べなくてもメニューで見たことあるでしょ(呆)

さてさて、ブタをトリというのはとっても変だが仕方がない、正確にいうなら「焼きトン」なんだけど。
で「焼きトンのやきとり」を「もつ焼き」とも言う。「もつ」は内臓肉のこと。

でね、「もつ焼き」には鶏の内臓肉もあるからややこしい。写真の「キンカン」は鶏の未成熟卵で「ヒモ」は卵管。怖くなってくるからいちいち考えないこと!
[PR]
by hoppykosey | 2010-04-25 16:53 | 出かけた | Comments(1)