残念だったSTB

a0163788_2171497.jpg

六本木STBで数年ぶりに吉田美奈子&TheMinakoBandを観た。3月11日の振替公演である。

コシと艶のある吉田美奈子氏の歌声は、その風貌とあいまって圧倒的な存在感は健在、彼女の気さくなトークが楽しい。

TheMinakoBandのピアノ倉田信雄氏は、ワタクシが高校の軽音楽同好会に入部した時の先輩で3年生の部長さま。このバンドではグランドピアノとRhodesスーツケース73を弾いている。
そしてオルガンはかねてよりレスペクトしている河合代介氏。もちろんHammond B-3に147?オルガンの後ろなので見えなかったがガツンとレスリーが2台。そしてミニムーグも。

どれも70年代キーボードの花形楽器である。

さて休憩をはさんで3時間近いサービス満点のプログラムだったが、全体的にはサウンドが重くよどんだ印象。座った場所がメインスピーカーの真横で音のバランスが悪かったこともあるが、これまでのような、気楽で華やかで、音楽でおしゃべりを楽しむような余裕たっぷりのステージとは言えず残念だった。

a0163788_2181218.jpg

ところでこのカクテルはメチャクチャ辛くて大変な思いをした。興味半分で頼まない方がいいが、飲むのに一時間かかったので酒代の節約になった。
[PR]
by hoppykosey | 2011-07-31 21:09 | 音楽 | Comments(1)




cesko kappa ちぇこかっぱ

ボーカル ここなあきこ
ドラムス  ホジドラケー
ピアノ   ほっぴいこうせい 

町田クラウドナインスタジオ 2011.7.24録音
[PR]
by hoppykosey | 2011-07-30 21:40 | ちぇこかっぱ | Comments(1)

a0163788_1539323.jpg

八重樫美千代 チャグチャグ馬コ 2002年




新潟市美術館で開催されていた展覧会を訪れた。
昨年パリで開催された「アール・ブリュット・ジャポネ展」の凱旋帰国巡回展で、春には埼玉でも開催されていたそうだ。

ジャンルでいえば現代美術となるのであろう。
どの作品も意思と力がみなぎり、見ごたえがあり感動的だった。
今回の展示では非常に精密な作品が多かった。
作品の解説文にある作者の横顔や製作風景紹介がこれまた、よい。

アール・ブリュットというのは、正式な教育や訓練を受けていない人たちが、自分の感性のみで表現した芸術というような意味。精神障害者たちの芸術作品群がこの範躊で語られることが多い。

精神障害者の作品であるという先入観をもたないで作品を見たほうが、よりストレートに味わうことができるだろう。

偶然訪れた展覧会であったが、とても満足できた。
新潟での会期は8月28日まででその後の巡回展は決まっていないようだが、ぜひ各地でもやってほしい。
http://www.ncam.jp/index.html

余談だがこの日の新潟は「記録的豪雨」に見舞われ水害発生で鉄道が運休、ワタクシも代替運行バスのお世話になった。


a0163788_231583.jpg

[PR]
by hoppykosey | 2011-07-30 16:13 | 美術 | Comments(1)

長者町8丁目共同ビル

a0163788_21301636.jpg

[PR]
by hoppykosey | 2011-07-26 21:36 | 写真 | Comments(1)

ぴあ 廃刊

a0163788_21485882.jpg


ずいぶんとお世話になりました。
よく、発売日の朝、真っ先に手に入れてチケット予約の電話をしました。
刊末の招待券プレゼントコーナーに応募しアングラ芝居をいくつも観ました。
最近でも、映画を見ようと思いスケジュールを立ち読みすることがありました。
[PR]
by hoppykosey | 2011-07-21 21:55 | ひとこと | Comments(1)

ネジバナ

a0163788_2164385.jpg


こどものころから好きであります
[PR]
by hoppykosey | 2011-07-21 21:07 | 写真 | Comments(1)

弟から

今月の初め、震災の被災地のひとつである福島県いわき市を訪れた。

いわきで被災した弟に車で、小名浜港から江名、豊間、四倉と海岸沿いの集落を北上してもらった。その悲惨なさまは、自分の感じることができる恐ろしさの限度を越えていた。

その先は、原発の立ち入り規制地域になる。見えない恐怖はさらに未来を蝕む。

写真も撮り、ムービーも撮ってきたが、人にも話せないしブログにも書けなかった。
どうしても軽薄になってしまう。

弟から暑中見舞いはがきが届いた。そこに
「可能な限りここで生活することが復旧不幸の礎と思っています」
とあった。
[PR]
by hoppykosey | 2011-07-19 22:04 | ひとこと | Comments(1)

絶妙な残念感

ケータイに電話をして相手が出ないときのことだ。

留守電を設定していない場合なのだろう、十数回コール音がした後に女性の声でアナウンスが流れる。
AUの場合はこうだ。

「こちらはAUです。おかけになった電話をお呼びしましたが、お出になりません」

「お呼びしましたが」の次に超微妙な「間」があり

「お出になりません」

かすかな吐息が絶妙な残念感を演出している。
この塩梅こそプロの仕事だべな (^ ^)/
[PR]
by hoppykosey | 2011-07-16 18:41 | ひとこと | Comments(1)

エレピ

a0163788_18172728.jpg


ワタクシはエレピ、つまりエレクトリック・ピアノ、つまり電気ピアノの音がとても好きで、
その音がすると夏の夜の虫が灯りにたかるように、そっちに寄って行ってしまうほど変態です。

ワタクシがそうなってしまった原因のアルバムのひとつが
マイケルフランクスのArt of Tea(1975)であることは間違いありません。

このLPはまさに1975年、足しげく通っていた渋谷の某輸入盤レコウド屋で流されていて衝撃を受け、
ガジロウ君(当時一緒にやってたバンドのギター、ロリーギャラガー通)にお金を貸してもらいその場で購入。

残念ながら1975年当時のワタクシは現在よりはるかに
バカ
だったため、
このピアノはマイケル・フランクス自身が弾いているのだと、つい先日まで思い込んでおりました。

そして数十年を経過し、英語が胆嚢になったワタクシ、ジャケットを裏返すと、エレピは

「ジョーサンプル」
あぁ、そうだったんだ。そうだよな~ これがエレピだよな~ ジョーサンプルだったんだな~

ワタクシの大好きなエレピの大好きなエレピ弾きです。

このアルバムはワタクシにとってエレピの名盤であります。他人がどう言おうと(^^)

http://eeewaa00.blog107.fc2.com/blog-entry-138.html
[PR]
by hoppykosey | 2011-07-16 18:24 | 音楽 | Comments(1)

Louis Vuittonの広告

a0163788_142079.jpg


いい沼だなぁ・・・・・

カッパを連れて遊びに行きたいものだ。






先日の新聞に掲載されたLouis Vuittonの全面広告(見開き2面)
モデルはアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)
映画版「トゥームレイダー」のララは彼女でした。

撮影地はカンボジア、地雷にご注意。
[PR]
by hoppykosey | 2011-07-16 14:11 | 写真 | Comments(1)