<   2011年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

場所が変ですかね


[PR]
by HoppyKosey | 2011-11-30 23:05 | 写真 | Comments(1)

みんな練習しまっせ


[PR]
by HoppyKosey | 2011-11-30 23:01 | 音楽 | Comments(1)

ブラーノBurano島

a0163788_21395358.jpg
イタリア・ベネチアから水上バスで30分ほどのブラーノ島、家並みがカラフルでビックリしました。

うーむ、これは観光客向けの表側だけにちがいないぞ、と得意の路地裏探索開始。
しかし裏の裏に行くほどさらにカラフルでかわいい家並み、あらためてビックリしました。


a0163788_21412499.jpg
a0163788_2141491.jpg
ワタクシはこの小さい島の美しさに強い印象をうけ、今でも時々思い出すのであります。
イタリアン・デザイン、イタリアン・アートの底力がどんな風土から生み出されているのかを垣間見た気すらしております。

a0163788_21424785.jpg
この村は観光客で賑わっていましたが、基本は漁村です。レース編みも名産品とのことでみやげ物屋に吊るされておりました。ワタクシ海鮮珍味は得意なのですがレースには全く疎いので何も買えませんでした。


a0163788_21381371.jpg
ところで、これは島へ向かう船からの写真、伴走しているのは知らない人です。
近付いていくと島の教会の塔が傾いてる? もしくはワタクシの脳と目がついにコワレテきたのか・・・

a0163788_21385935.jpg

実際に近くに行ったら本当に傾いておりました。日本ではあまりこういう景色がありませんので気分がゾワゾワしました

島の子供たちは「オラの島は塔が傾いている、カッコ悪くて恥ずかしい」と泣いたことでしょう。この塔が島の印象を増幅しました。

ベネチア本島に戻ってあらためてみると、本当にも傾いている塔がありました。地盤が軟弱なのでしょう。
[PR]
by HoppyKosey | 2011-11-29 21:43 | 出かけた | Comments(1)

ネオシーダーの謎

a0163788_2126114.jpg

a0163788_21393993.jpg


「ネオシーダー」というのは医薬品でありまして、何に効くのかというと「咳止め」とのことです。煙草のように喫って処方します。
今、咳が出ていないので残念ながら効能は不明であります。1959年発売というので50年というロングセラー商品です。

a0163788_2127136.jpg

a0163788_212735100.jpg



ところでご覧の通り喫煙者でないと使用してはいけないことになっており、薬の中では変わった薬といえましょう。

a0163788_21303516.jpg

そして1日に10本までとあります。それ以上使用するとどうなるのかは不明です。

a0163788_2128979.jpg


原料表示をみても本体の葉っぱが何なのか書いてありません。
調べてみたらアジサイだそうです。ちなみにwikiによりますと「アジサイは毒性があり、ウシ、ヤギ、人などが摂食すると中毒を起こす。症状は過呼吸、興奮、ふらつき歩行、痙攣、麻痺などを経て死亡する場合もある。」とのことでありました。食べるわけではないから大丈夫だということでしょう。
a0163788_21283038.jpg


製造販売元は千葉習志野にある「株式会社アンターク本舗」。
この会社、ネットで調べても会社の概要がわかりません。たいしたものです。

購入の際、なぜか薬局の人は売りたくないそぶりを見せます。しかし購入者が多いのか、あるいは納品が少ないのか売り切れが多いようです。

さて喫ってみると煙草の香りはありませんが軽いたばこと同じ印象です。ニコチンやタールも少しは含まれているようであります。

お値段は煙草でないのでタバコ税がかかりません。
ワタクシが買った薬局では一箱20本で240円でしたがネットで見ると270円くらい、定価はないようです。

不思議がたくさんの「ネオシーダー」であります。
a0163788_2129822.jpg

[PR]
by HoppyKosey | 2011-11-28 21:24 | ちょいとびっくり | Comments(1)

本日はライブリハーサルではなくのんびり新曲仕込みリハでありました。

a0163788_2118129.jpg


a0163788_211959.jpg


a0163788_2120388.jpg


a0163788_212054100.jpg


a0163788_1342874.jpg



a0163788_21221384.jpg


しかし終わってから急きょ12月にライブを2本やることになりました。

a0163788_21213693.jpg

[PR]
by HoppyKosey | 2011-11-26 21:23 | ちぇこかっぱ | Comments(1)

3時間目

a0163788_20273020.jpg


本日3時間目
実は食事制限になったので夕御飯をあっという間に食べ終わっちゃう。
そこで暇つぶしに英語を勉強することにしました。
英語を肴に芋焼酎を呑んでおります。

順調に中学英語を習得しているはずなのですが、
次の日の歩留まりが悪い悪い。前日の復習に同じくらい時間がかかっております。
こういうのを「鶏アタマ」といいます。


ま、いいか。10時間で終わりだし。
[PR]
by HoppyKosey | 2011-11-25 20:28 | ひとこと | Comments(1)


[PR]
by HoppyKosey | 2011-11-23 21:55 | 音楽 | Comments(1)

a0163788_16525386.jpg
日立の大煙突から2kmほど山奥の日立鉱山発祥の地「赤沢鉱山跡地」に「日鉱記念館」があります。
広い敷地に充実した展示が点在、足を運んだかいがありました。企業(日本鉱業グループ)博物館なので入場は無料というのもいうことなしであります。

a0163788_20253648.jpg

本館にある、かつての労働者だった人が撮影した写真や鉱山地図のファイルは貴重です。

a0163788_16541442.jpg
かつて使われていたコンプレッサー建屋を利用した「鉱山資料館」の機械展示は特に素晴らしく、興奮したワタクシは写真を撮りまくりました。

a0163788_16544470.jpg

これは地底の削岩機まで圧縮空気をおくる堂々たるコンプレッサー。手入れが行き届いていて鋼鉄が黒光りしています。後ろ側のベルトがこんな感じで大迫力。
a0163788_1656844.jpg

「動いたらおめぇ気をつけな、ベルトに巻き込まれねえようにな」とこちらを威圧してきます。

a0163788_16571220.jpg
a0163788_16575014.jpg
他にもさまざまな機械が実に生き生きと保存されています。今でもコイツらを診ていた技術者たちが管理しているからだろな、と想像しました。

a0163788_1658279.jpg
これは見事な削岩機のコレクション、この写真に写っているのは展示の一部です。
ワタクシが削岩機マニアだったら間違いなく失禁したでしょう。これまた手入れが行き届いていて可動部がちゃんと動きます。

a0163788_1659977.jpg
さらに奥まった大部屋にある鉱物見本展示室がすごい。
ガラスケースに夥しい金属鉱石が整然と並んでマニアとオタクとフェチの方々を遊郭の花魁のごとく着飾って待ち受けておりました。あぁ、ワタクシが鉱物マニアでなくて本当によかった、これまた失禁に至り恥ずかしいことになったに違いありません。

ワタクシが訪問したのは日曜日のお昼ころでしたが他の見学者はいませんでした。

全国、いや全世界の削岩機および鉱物マニアのみなさん
All the People in the world who love Rock drill and Metallic mineral 
ぜひこの「日鉱記念館」へ 
You should go to The Nikko- Kinenkan museum as soon as possible.
[PR]
by HoppyKosey | 2011-11-23 17:02 | 出かけた | Comments(1)



彼女は白人ブルースマンなんだけど、こういう曲でも歌とギターがぐっとしみます。
邪念を取り除いたって感じかでしょうか。

エバ・キャシディーはアメリカ生まれで1996年に30歳の若さで亡くなりました。
彼女のブルースナンバーはようつべで聴くことができます。
[PR]
by HoppyKosey | 2011-11-23 15:03 | 音楽 | Comments(1)

日立鉱山  その1

a0163788_20162199.jpg


日曜日に茨城の日立鉱山に行ってきました。

これは街のシンボル「大煙突」です。この大煙突は1914年(大正3年)12月に建造され高さが155.7m、世界一高い煙突でしたが1993年2月の朝、突然老朽化で上部が崩れて高さが1/3ほどになりました。
でも現在も現役でリサイクル工場が使っていて、ワタクシが行ったときも白煙を吐いていました。
少し下の寸胴な煙突は通称「阿呆煙突」、煙害防止にまったく役立たず使われなかった煙突です。

a0163788_20195010.jpg


これは崩れた次の日の茨城新聞です。

a0163788_20145699.jpg

日立鉱山は昔、小坂(秋田)、足尾(栃木)、別子(愛媛)に並び日本の4銅山といわれました。閉山は1965年ですのでもう40年以上前になります。「日鉱記念館」の職員の方が昔のお話をしてくれました。

a0163788_20153846.jpg

[PR]
by HoppyKosey | 2011-11-22 20:22 | 出かけた | Comments(1)