<   2012年 11月 ( 37 )   > この月の画像一覧

並べて置かれた釘6本

a0163788_2123763.jpg

[PR]
by HoppyKosey | 2012-11-30 12:30 | 写真 | Comments(1)

a0163788_20235159.jpg


大好きなTYCOONに5年?ぶりに行ってみた。

横浜ベイブリッジのたもとにあるアジアンレストランTYCOON(タイクーン)は
巨大なハーバーフロントレストランで専用桟橋もある。
一応言っておくが、これはワタクシの船ではない。

さあ、そこのアナタ、ぜひクルーザーで立ち寄って欲しい。
ワタクシは先にバスで行って桟橋でロープを握って立っているから
接岸時間をケータイで連絡してくれ。

おっと、船がない人でも横浜観光おすすめスポットだ。頑張れば元町から歩いていける。
無料で店のクルーザーにも乗れる日もあるのでぜひここでデートをしよう!


店内はあまりに広くてどんな時も閑散とした寂しい印象だ。
中国・タイ・ベトナム料理が中心、店内は豪華だが料理は決して高くないから心配ない。

初めて行ったのは1990年頃、閑散としながら20年以上営業しているのは意外だ。
調べてみたら横浜港のゴッドファーザーである藤木ファミリーが経営していた。

そうでなければとっくに倒産だ。
[PR]
by HoppyKosey | 2012-11-30 00:30 | 出かけた | Comments(2)

取り外し 跡

a0163788_21171776.jpg

[PR]
by HoppyKosey | 2012-11-29 12:30 | 写真 | Comments(1)

この本を読み、頭デッカチだったが何かに胸を熱くしていたリアルタイムの自分を思い出した。

1968年以前 「ヒロシマナガサキ」「第五福竜丸」「地域住民による反戦反核運動」

1968年    「全共闘」

1970年    「華僑青年闘争委員会」「毛沢東主義」「ユートピア的コミューン」
          →「反原発」へ (美しい誤読) → 「オルタネイティブ」世界観へ合流

1980年    「エコロージー主義」「ニューエイジ思想」 → サブカルチャー的展開や宮沢賢治再評価



「華僑青年闘争委員会」は知らなかったが、その他にはどれも思い当たるモノがある。
出会った人たち、いった場所、本やチラシ、音楽や映画、芝居などだ。
[PR]
by HoppyKosey | 2012-11-29 00:30 | 本のこと | Comments(1)

危ないよ テルマ



スマイリー小原もジェントル久保田もテルマにはかなわない
[PR]
by HoppyKosey | 2012-11-28 00:31 | 音楽 | Comments(1)



PinkFloyd 『狂気』(The Dark Side of the Moon)1973 のA面最後に収録されている
「虚空のスキャット」(The Great Gig in the Sky)はClare Torry'が歌っている。

急激にエクスタシーを迎え、そして果て、さらに満足げな余韻を紡いでいる。
童貞高校生だったが、しっかりワタクシのフロイト的無意識領域にこの吐息が擦り込まれた。

この録音は2テイクだけ、彼女は2回しか歌っていない。
この生々しさはそういうことなのだ。

かなり前、ピンクフロイドの来日公演に出かけたことがある。
この曲が始まった時、えっ、この曲をライブでやるの?・・・と意外に思った。
ふたりの女性が歌ったが、その一人がこのBianca Antoinetteだった。     
クレアのようなエロティシズムはないが、でもなかなかいい。


[PR]
by HoppyKosey | 2012-11-28 00:30 | 音楽 | Comments(0)

飛行機で12時間

海外旅行のとき、ロンドンやパリ、あるいはドバイで乗り継ぎをすることが多い。
それぞれ東京成田から12時間くらいかかる。

よく、長くて辛いでしょう?と言われるがそうでもない。

もちろんエコノミー席は人権侵害レベルの窮屈さであり、両脇を体重100kgのアラブ人とアメリカ人に固められたりするともう自分は人間ではなくて荷物の詰め物のような気分にもなる。

でも機内に入ってケータイを切り、時計の時刻が無効化されると朝も昼もなくなる。
何もしない、何もされない、何もできない、それが飛行中は保証される。
この開放感は出発前から楽しみに思える程だ。

機内で映画を見る、音楽を聴く、本を読むなどあまりしないで
何も考えずないぼんやりした浅い眠りを繰り返している。
そうするうちに残念ながら地べたに到着、時計の時刻を合わせねばならない。

でも異国の地に降り立ったとき別の開放感に興奮する。
[PR]
by HoppyKosey | 2012-11-27 00:30 | 出かけた | Comments(1)

なるほどね
国際経済がわかる



http://www.flightradar24.com/
[PR]
by HoppyKosey | 2012-11-26 00:30 | ひとこと | Comments(1)

a0163788_11481689.jpg


横浜BankArt Studio NYKに川俣正氏のインスタレーションを見に行ったが
まだこの写真のようにはなっていなかった。

a0163788_1149796.jpg
入口通路に少しだけ。


会期は1月13日まで。
なるほど、だから入場チケットが会期期間中有効なんだな。また行ってみよう。


a0163788_11493575.jpg
これは2階展示スペースに立ち上がっていた作品。
倉庫で使われるパレットで組まれている。

それにしてもその他の展示スペースがガラガラだ。
変だと思ったら11月29日(木)から12月1日(土) JIA日本建築家大会の展示会場として使用されるようだ。
無料一般公開されるので、この期間は川俣展も無料だろう。

http://www.jia-kanto.org/jia2012/program-disp.html
[PR]
by HoppyKosey | 2012-11-25 11:52 | 美術 | Comments(1)

a0163788_2247115.jpg
なんどか紹介している京浜の隠し玉「ニュータンタン」であるが、
それに類似するカップ麺が名門エースコック食品から10月15日に発売されていた。

「B級グルメ探訪 宮崎県編 旨辛麺」
唐辛子、溶き卵、ひき肉、にんにく、ニラ味・・・・おっとこれは似ているな。

さっそく食べてみた。

なるほど・・・まあ辛い。
でも辛ラーメンのような単刀直入ではなく、なかなか深い味わいのスープでうまかった。

宮崎延岡には辛麺というものがあり、老舗である桝元のラーメンをエースコックが商品化したのではないかとネットに記述があった。
桝元とは違うが、別の辛麺屋の支店が神田にあることがわかったので近々行ってみようと思う。
[PR]
by HoppyKosey | 2012-11-24 22:50 | 激辛マイブーム | Comments(1)