<   2015年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

深夜

a0163788_2119368.jpg

[PR]
by HoppyKosey | 2015-06-30 00:18 | 写真 | Comments(2)

砂川判決 再審請求なう

砂川事件は1957年、在日米軍立川基地の拡張に反対した市民の一部が、立ち入り禁止区域に数メートル入り込み、逮捕された事件です。

1審で
「在日米軍は憲法9条に反する。よって被告も無罪」という判決が出ました。
日本の裁判史上唯一、在日米軍を憲法9条違反とした判決です。

これに慌てた政府は、アメリカ政府に報告、相談したことが最近発覚しました。
アメリカの秘密文書が情報公開されたのです。属国丸出しの行為です。

そして政府は2審をとばして最高裁に上告しました。

最高裁の判決は
「こういう難しいことは裁判所は判断すべきでない」
補足で
「憲法が禁止しているのは日本の軍隊であり、外国の軍隊駐留は即、憲法違反といえない」

その結果、被告は逆転有罪になりました。

秘密文書情報公開で分かったように、この最高裁判決は中立・公正とはいえないものでした。

そこで昨年、砂川裁判で有罪となった人たちが再審請求を起こしました。

いま、再審するかどうか審査されています。

ところで安倍政権が「集団的自衛権」について砂川判決が容認している、と言っていますが真っ赤な嘘です。
判決では、「憲法は、自衛隊が他国と共同して軍事行動に参加することを容認している」とは一言も言っていません。

ワタクシが代議士なら、安倍さんに
「砂川裁判の判決について日米政府が裁判所に圧力をかけていたことがアメリカ公文書公開で明らかになりました。その判決の正当性と質す再審請求がなされていることを首相はご存知ですか?」
と質問したいところです。
[PR]
by HoppyKosey | 2015-06-29 00:58 | ひとこと | Comments(0)



やはり、サスガです。
今でも世界中のジャズオルガニストはジミーが最高峰だと認めています。
テクニックももちろんハモンドの可能性をとことん引き出していて凄いんだけど、
それに加えて音や演奏に人情味がある、温かくてハートフルなところが本当にレジェンドです。

ジミーとは3回、言葉を交わしたことがあります。
そりゃもちろんよく覚えています。

ブルーノート東京の移転前の店でサインをもらうときに一言二言

移転後のブルーノート東京でのことは印象的です。
ショーの休憩時間にフラリとジミーが一人で客席の後ろに現れ手すりにもたれてノンビリしていました。
そこでドキドキしながらとてもききたかったことを尋ねたのです。

というのもこの日のライブでジミーは、鈴木楽器Iが開発したハモンドクローンのNEW B3というオルガンを弾いていたのです。
これは乱暴に言えばHAMMOND B3の偽物

実は会場に入ってすぐ店のスタッフに、あのオルガンはNEW B3かと尋ねたのですが、良く分からないとの回答だったのです。
SUZUKIのNEW B3は外観は本物とそっくりで区別がつきません。
音もレスリーというオルガン専用のスピーカーからでるし会場のPAで処理されるから、
まず本物と区別がつきません。
たぶん演奏している人には何となく違和感がある、かもしれません。

で、ジミーにこのとき
今日はSUZUKIかと尋ねました。

そうだ、よく知ってるな、との返事

SUZUKIの音はどうだ?弾きにくいか?と尋ねました。

ジミーいわく、パーフェクト とのことでした。

そしてお前はどっかで見たことがあるな、先週のライブにも来ていただろう
と一流のジョークをかまされました。
先週はライブはなかったか大阪だったと思います。
お互いにニヤリとハグ。


地元だった横浜でも何度かライブがありました。

今は無き新山下のクラブで、最前列に座っていたワタクシ
ワタクシがかぶっていたストローハットをよく似合うといい、
それをくれないかといい、
もらうと俺はますます汗をかいて困る
など一人ボケ突っ込みのMC

懐かしいダミ声を覚えています。

世界最高峰なのにその辺のオッちゃん風味のジミー、
寒いギャクさえかましてくれる本当に気さくな人でした。
[PR]
by HoppyKosey | 2015-06-28 00:40 | 音楽 | Comments(1)

a0163788_2117249.jpg



八王子市夢美術館に巡回中の「戦後日本住宅伝説展」に行ってきました。

16人の建築家による1960~70年代に建てられた個人住宅が、写真、図面、動画で紹介されています。

住宅というのは実用が一番ですが、そこに設計者と施主の[企み]が結晶すると、とても饒舌。
そして、そんな住宅で暮らすのには覚悟がいります(笑)。

どれもこれも独特で面白い。
紹介作品はどれも小住宅なので身近に感じられ、
もし自分がこの家で暮らしたら・・・と想像力が掻き立てられます。
帰りのエレベーターで一緒になったカップルが、どの家に住みたい?と囁きあっていました。

人気は菊竹清訓のスカイハウス(1958)。
この住宅は4本の脚に支えられ中空構造。
一階部分は開放スペースで、二階が居住空間です。
子供が増えたら二階から子供部屋を吊り下げるなんて傑作です。
現在も健在、菊竹氏の事務所として使われているそうです。

ワタクシが惹かれたのは磯崎新の「新宿ホワイトハウス」(1958)

a0163788_21382319.jpg

このイメージ、前から憧れていたものと一緒です。


「幻庵」石山修武は氏の著書「笑う住宅」にプランが載っていて
強い印象を受けました。
a0163788_21383927.jpg

30年以上前、こういう家を作ろうと本気で考えていました。

もしワタクシが建築設計の仕事をするとしたら「住宅」をやってみたい・・・・
そんな気になる展覧会でした。

a0163788_2139076.jpg


a0163788_2117438.jpg

[PR]
by HoppyKosey | 2015-06-27 00:15 | 美術 | Comments(2)

むきみ


a0163788_2163430.jpg

[PR]
by HoppyKosey | 2015-06-26 00:05 | 食べ物 | Comments(1)

絵文字のクイズ

絵文字ですがわかりますかね?
一番上は釜が逆立ちしているので「マカ」です。
a0163788_20401830.jpg




答えは般若心経の絵心経です。

a0163788_20471095.jpg

[PR]
by HoppyKosey | 2015-06-25 00:39 | 調べてみた | Comments(1)

深川界隈

a0163788_196198.jpg


「江戸深川資料館」に行ってみました。
いい感じの癒し空間、おススメです。

平日の夕方だったので入館者はわずか、
その人たちの話声が館内にかすかに響き、
見知らぬ街に入り込んだようです。

a0163788_1915612.jpg

靴を脱いで建物に上がることができます。
展示小物は季節によって取り替えるとのこと。この八百屋さんの野菜も四季折々です。

あたりが何となく暗くなったと思ったら、たちまちバラバラというリアルな雨音、
思わず軒先に逃げ込みました。



a0163788_19191283.jpg

資料館を出ると向かいのビルの屋上に一軒家発見、パチリ。
庭もあるみたいです ( ^^)

a0163788_19373720.jpg

萬年橋の隣にある堂々とした水門。
下校中の小学生が通りかかりました。 


a0163788_1922318.jpg

見事なラインの清洲橋、名建築です。

そしてこちらが昭和8年建築の「清洲寮」
今も現役の賃貸物件です。

a0163788_2126517.jpg


1階にバレエスタジオがあり、レオタードの少女がチョロッと外に出てきたんですが
シャッターチャンスを逃しました。

a0163788_21322098.jpg



オナカがすいてきたので「深川釜匠」というお店にて「深川めし」
アサリの炊き込みご飯です。
どんぶりを掘るとザックザックと次々とぷりぷりのアサリが出現。
大満足でした。
[PR]
by HoppyKosey | 2015-06-24 00:25 | 出かけた | Comments(1)

迎えにいく

a0163788_21155245.jpg

[PR]
by HoppyKosey | 2015-06-23 00:15 | 写真 | Comments(1)

橋下流

a0163788_20512117.jpg


橋下市長が会見 政界引退の意向表明 NHKニュースwww3.nhk.or.jp
大阪維新の会の代表を務める大阪市の橋下市長は、いわゆる「大阪都構想」の賛否を問う住民投票で反対多数となったことを受けて、17日夜、記者会見し、「市長の任期まではやるが、それ以降は政治家はやらない」と述べ、年内に予定されている次の市長選挙には立候補せず、政界を引退する意向を表明しました。



というハナシですが釈然としないのでひとこと・・・・

住民投票の結果は
「賛成」69万4844票 
「反対」70万5585票  

これはほぼ同数、投票者の約半数の人は都構想を支持していたわけです。
引き続き検討すべきことだと思います。

しかし
「負けは負け」と言ってこの半数を切り捨ててしまうのは、橋下さん個人は潔いかもしれませんが、政治としては乱暴・冷酷な気がします。

これが橋下流なのでしょう。
[PR]
by HoppyKosey | 2015-06-22 00:50 | ひとこと | Comments(1)

a0163788_202441.jpg


歌謡レコウド業界の重鎮、古賀政男センセー
ワタクシもこどものころ、テレビでメガネとチョビヒゲのお姿を拝見しておりました。

この日は建物のお掃除でした。天気もよくてよろしゅうございます。

a0163788_20244065.jpg

おや、JASRAC(著作権協会)と建物がつながっているぜ・・・・
ううむ、やなり没後30年以上なれど古賀先生は今なお、日本の歌謡界に厳然たる実力をお持ちとお見受け。

a0163788_20411746.jpg

最初の展示は日本の歌謡界に貢献した人たちを顕彰するコーナーで、新たにこのコーナー入りを果たしたのは藤圭子さん、宇多田ママです。

スロープで上がるとセンセーの居室レプリカ&受賞した賞状や楯の陳列。

レッスン用ピアノは FUKUYAMA&SONでした。
a0163788_20335683.jpg


センセーは明治大学マンドリン部創設者、その後、歌謡曲の作曲を始めたとのこと。
そうか、独学なんですね。

数百曲を世に残していますが、直筆譜の展示がないのはちょいと不思議。
地下にはちょっとした図書コーナーと視聴コーナー&カラオケボックスがありました。

これで入場料540円は高いね、無料でいいと思います。

では本日の収穫物をご覧ください。




a0163788_20222933.jpg
a0163788_20224016.jpg
a0163788_20225019.jpg
a0163788_20231445.jpg
a0163788_20232657.jpg

[PR]
by HoppyKosey | 2015-06-21 00:21 | 出かけた | Comments(1)