<   2015年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧




[PR]
by HoppyKosey | 2015-09-29 00:49 | 音楽 | Comments(1)

a0163788_20472829.jpg



なんだよ、この電車・・・・
なんだよ、この乗ってる連中・・・
地下鉄千代田線内での違和感はたっぷり。

小田急線から千代田線に乗り入れるのは一日には3~4往復だけですが時間が合えば乗ります。
ロマンスカー料金+缶ビール代です(^^)
なお、椅子はクッションが薄く座り心地はいまいちです。


a0163788_21154374.jpg



[PR]
by HoppyKosey | 2015-09-28 00:41 | 呑み鉄 | Comments(1)

「牛と土」 眞並恭介著

a0163788_2059862.jpg


福島の被爆地で殺処分を受け入れずに今もたくさんのうれなくなった牛を飼い続けている人たちのルポ。

第1章の最後にこう書いてある。

餓死にしろ安楽死処分にしろ、どうせ牛は殺されて肉になるのだから、という人がいる。だがそれは「幸せな死に方」なのか。やっぱり牛にとっては屠畜場で肉になり本来の使命を全うするのが、一番幸せな死に方に思える


牛飼いたちは、被爆の生き証人として被爆の影響を追跡するために牛を飼い続けるべきだとし、また自分自身も警戒地域で牛とともに被爆し続けることで健康面での貴重なデータを残せると考えている。
一方、行政は殺処分が基本であるとし、飼い主が自分の牛に餌を与えるため牧場に立ち入ることも警戒区域内であることを理由に認めようとしていない。

牛飼いの一人である「希望の牧場」の吉沢正巳氏は全国に餌代などの寄付を募っているほか、たびたび上京し政府や人々に訴えている

銀座のエルメスギャラリーで開催中の「境界 高山明+小泉明郎展」で高山氏による「希望の牧場」の牛たちが映像作品として紹介されていた。モリモリと餌を食む牛たちの力強い鼻息が印象的だった。

この日、ワタクシが霞ヶ関から銀座へ歩いていると、奇しくも「希望の牧場」の宣伝軽トラが通りかかった。けん引されたトレーラーには「望郷の牛」

a0163788_2059506.jpg

写真は「やま本宗補の雑記帳」のサイトからお借りしました。


*「望郷の牛」 The Cow with Nostalgiaは知足 美加子(ともたり みかこ)さんが制作、震災後「希望の牧場」に寄贈されました。
[PR]
by HoppyKosey | 2015-09-25 00:57 | 本のこと | Comments(1)

自衛隊が軍隊になった

戦争法案が可決したので「自衛隊」は「軍隊」になりました。

よく考えれば「軍隊(正規軍)」も「自衛隊」もどちらも「国」を守るためにある、そこは一緒です。

ここでいう「国」とは、時の政権なのか国民なのか、
何をもって正規軍とするか、
についてはここでは触れません。

「自衛隊」と「軍隊」の違いは、
外国で人を殺すか殺さないか、
外国で兵が死ぬか死なないか、
つまり活動領域の違いなのだと思います。

法律では「いざという場合」に海外へ軍事出動することとなりました。

この「いざという場合」であるかどうかは、政府の一部の判断で決まるしかありません。
詳細な軍事情報が国会を含めて公の場面で明らかにされるわけがないからです。

政府がそういえばそうなのです。
[PR]
by HoppyKosey | 2015-09-24 00:27 | ひとこと | Comments(2)

a0163788_2030591.jpg



原作「野火」(大岡昇平)を読んだのは数十年前
ですが、その強い印象は今でも残っています。

さて塚本晋也監督の「野火」についていくつか・・・・

○主演が塚本監督とは気付かなかった。

○出演者のセリフが今風というか軽いというか・・・戦場での会話と思えなかった。

○前半のBGMが酷すぎる。

○グロだけでは戦争の恐ろしさは伝わらない。人肉食しかり。原作は「死」より「人間性の崩壊」のほうが恐ろしいこと、「組織」が人を狂気に陥れることを精密に描いている・・・そこがこの映画では弱い。

○演出で面白いところもあった。ウジだらけで死体だと思ったらまだ生きていた日本兵、肩を吹っ飛ばされその自分の肉を思わず口に入れる主人公、戦後、生き残った主人公のチック・・・
[PR]
by HoppyKosey | 2015-09-23 00:27 | 映画・舞台 | Comments(1)

a0163788_2038227.jpg


地元のアマチュアオーケストラの定演。
前回は誰かさんが変な音を出していてご愛敬でしたが今回は素晴らしいアンサンブル。

いろいろな人が集まり大変なこともあったと思いますが、思いが一つになれば形を生むことができます。

弦楽オーケストラを生で聴くことはめったにないのでとても勉強になりました。
特にアンサンブルにおける低音部の旋律は、鍵盤を弾く左手の参考になりました。

今日聴いた今日ではアブデラザール組曲ってのが特に良かった。
指揮は大黒屋宏昌さん

次回も楽しみにしています。
ありがとうございました。





[PR]
by HoppyKosey | 2015-09-22 00:29 | 音楽 | Comments(1)

ジャンベだらけ

a0163788_19553059.jpg
昨日はアフリカン・イベントの手伝い

おびただしい数のワークショップ用ジャンベ
売るほどあるってのはまさにコノコト 
でも売りものではありません (^^)





[PR]
by HoppyKosey | 2015-09-21 00:54 | 音楽 | Comments(1)

缶チューハイを2本飲むとかなり効きます。
そこで摂取アルコール量を試算してみました。

「ストロング9%」の500ml 2本=1000mlに含まれるアルコール量は90mになります。

25%の焼酎でアルコール90mlを摂取するには、焼酎360mlを呑む必要があります。

360mは通常ボトルの約半分、これだけ呑むとゲロゲロになります。

つまり、缶チューハイ2本はボトル半分に匹敵する、これが結論です。



ここで俵万智「サラダ記念日」に収録されている有名な歌について考察します。

「嫁さんになれよ」だなんてカンチューハイ二本で言ってしまっていいの」


上記の計算から、彼は泥酔している可能性が浮かび上がりました。



*ところで知人にこの話をすると「おまえの計算は違う」と言うのです。
はたしてどこが違うのでしょう・・・・・




[PR]
by HoppyKosey | 2015-09-20 00:58 | 食べ物 | Comments(2)

国会前 18日



いよいよ参議院本会議で戦争法案の強行採決が企てられているとのことで行ってきました。そのあとに用事があり16時ころまでいましたが、どんどん人が増えてきました。

a0163788_21393381.jpg

道路と歩道に壁を作っている警察車両は、先日のアミアミ護送車から鉄板の装甲車にバージョンアップしておりました。


a0163788_2140819.jpg
大勢の人を歩道に押し込め、将棋倒しの危険がいっぱい。
この道は公園内を貫いているだけで車を通行止めにしてもたいして問題ないのに。



a0163788_21403786.jpg
正門前交差点の正門に向かう左下のコーナーの歩道ですが、バリケードによって、人がようやくすれ違えるだけの幅に狭められています。
このために正門前に歩いてくる人々がせき止められて大混乱。






さて法案はいかに・・・・


ところで読売新聞によると我が国の仮想敵国は「中国」で、
この法案は中国と戦争をするためのものらしい。

[PR]
by HoppyKosey | 2015-09-19 00:38 | 出かけた | Comments(1)

上越新幹線 MAXとき

a0163788_10533287.jpg


東京駅にはいろんな新幹線が出入りしています。
その中でこの上越新幹線MAXはちと不格好。
オール2階建てで側面が壁のようです。

でもこの列車、
16両編成オール2階建て編成で1600人以上が座れるという、
ギネス級の収容力だそうです。

そのためにか横6席配置でリクライニングや肘掛がない車両もあります。

快適性より、とにかく多くの人が座れるように、というコンセプト。

確かに自由席でもよほどの時期でない限り座れなかったことはありません。

ありがとう MAXであります (^^)




[PR]
by HoppyKosey | 2015-09-18 00:52 | 呑み鉄 | Comments(1)