<   2016年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

ちょうちょ

a0163788_20421522.jpg


もう11月、ぐんぐん寒くなるこの季節だが
畑や植え込みにチョウチョがたくさん飛んでいる。

チョウチョというと春先の印象だがこの季節にもたくさん飛ぶんだな。

チョウチョをスマホで撮るのはとても難しくて
拡大してもボンヤリ。
ふらふら飛んでるが羽の動きは相当速いんだろな。






















[PR]
by HoppyKosey | 2016-10-31 00:03 | ひとこと | Comments(1)

北方四島返還

旧ソ連が「占領」した経緯についてはここでは触れない。

たくさんの地方自治体が高齢化、人口減少、産業荒廃で経済が立ち行かなくなっている。

政府は、北方四島という国内極北地域の経済、そこの住民の暮らし、雇用、経済などをどうやって支えるつもりなのか。

































[PR]
by HoppyKosey | 2016-10-30 00:59 | ひとこと | Comments(1)

歌舞伎町でChim↑Pom

歌舞伎町でChim↑Pom

『また明日も観てくれるかな?』〜So see you again tomorrow, too? 〜に行ってきた。
会期は来週の月曜31日まで

近々解体される歌舞伎町振興組合ビルを丸ごと使ったインスタレーション。
a0163788_21394019.jpg


くたびれたエレベーターで4階へ
ガランとした空間。
床、壁、天井はくすんだ青色、昔、建築図面などで使われていた「青焼」のイメージ。
床の真ん中が四角に切り取られていて階下を覗きこむことができる。
a0163788_21391279.jpg


3階はビデオインスタレーション。
a0163788_21401729.jpg

歌舞伎町棲息のモンスターマウスの捕獲にビビるChim↑Pomのエリイさん。
a0163788_21404815.jpg

微かに雀荘だったらしき気配。
a0163788_21415475.jpg


2階でトークショーのネット生中継、
美術館と違いこの会場は自由にやらせてくれた。
歌舞伎町はアートに対するポテンシャルが高い、というお話。
a0163788_21412454.jpg

ふーむ、でも歌舞伎町はそもそも雑多なものを吸いこむことができる敷居の低い街。
特に「アート」に対するポテンシャルが高いわけではないだろう(笑)。

1階には廃棄什器や家具類を組んだ立体作品。
a0163788_21423237.jpg


これも含めてビルとともに解体し、そして残骸から拾ったものを別会場で再構成するというChim↑Pomのイケテルところが楽しみ。


http://chimpomparty.com/





.
[PR]
by HoppyKosey | 2016-10-29 00:36 | 美術 | Comments(0)

この駅はどこでしょう?

a0163788_20403615.jpg


けっこう有名

コメント欄に答とメールアドレスを非公開にてお送りください。
正解者に12月17日「ちぇこかっぱ」ライブ招待券2名分をプレゼントします。
締切は10月30日です。










[PR]
by HoppyKosey | 2016-10-28 00:35 | 呑み鉄 | Comments(1)

a0163788_21174827.jpg





2016/10/9 yokohama














,
[PR]
by HoppyKosey | 2016-10-27 00:16 | 写真 | Comments(0)

将棋の投了シーン

将棋の投了シーンは独特だ。

棋士の表情からはどっちが勝ったのかがわからない。
勝者らしき棋士のほうが笑うわけでもなく頭をかいたりしている。
二人でボソボソしゃべりながら首を傾げたりしている。

ガッツポーズとは別の世界だ。




















[PR]
by HoppyKosey | 2016-10-26 00:38 | ひとこと | Comments(0)

a0163788_2141839.jpg


左の電車は随分派手だなあ、どうやらこっちが発車するらしい。

あれ・・・・2台並んでいる.
ケーブルカーってこういう仕組みじゃなかったっけ。
片方が下にいるときもう片方は上じゃないの?
a0163788_21414843.jpg

どうなってんだ、こりゃ・・・?


なんだ、そうだったのか。
a0163788_21421191.jpg

「生駒ケーブル」はなんと複線であった。

何箇所か踏切があり人や車が横切っていく。ケーブル路線に踏切があるのも珍しい。

この「生駒ケーブル」は日本最古だそうで開業は1918年(大正7年)、まもなく100年だ。
駅に停まっていたもうひとつの車両も現役、1952年製というのもビックリである。

下の駅「鳥居前」から「宝山寺」が宝山寺線
通勤路線とのことで終電は23時40分と遅い。

その先さらに「生駒山上」駅まで登るには山上線に乗り換える。
山上線は単線の観光路線、車両はやはりド派手。
a0163788_21432283.jpg


こちらも変わっていて「直行」がある。
途中駅が2つあるが停まらないから「急行」だ。

2台のケーブルカーは同時に停まるしかないから、2つの途中駅は始発「宝山寺駅」からと終点「生駒山上」駅から等距離であるはずだ。

ところがWikiにある駅間距離表では300mと400m、謎である。
a0163788_21435839.jpg


とても面白い「生駒ケーブル」であった。
正式な路線名は近鉄生駒鋼索線。







,
[PR]
by HoppyKosey | 2016-10-25 00:38 | 呑み鉄 | Comments(1)

実り

a0163788_22311977.jpg


2016,10月 奈良市内






[PR]
by HoppyKosey | 2016-10-24 00:35 | 写真 | Comments(1)

百瀬川(天井川)

琵琶湖にそそぐ湖西の百瀬川は「天井川」になっていて、地理学ではとても有名。
どんなものだろう?と思いこの夏に出かけた。

「天井川」というのは川底が周囲より高くなった川のこと。
いったん氾濫すると水が川に引く(戻る)ことはないから厄介な河川である。

そもそも自然状態で水は低きに流れるわけで、川底が周囲より高くなるなどあり得ない。


しかしこの「天井川」
実は人間が川が溢れないよう堤防を築くことで形成される。

よかれと思ったことが事態を悪化させる一例だ。

この先はちょいとマニアックなのでmoreで写真とともに紹介しよう。





More百瀬川
[PR]
by HoppyKosey | 2016-10-23 00:03 | 出かけた | Comments(0)

国産マグロ

a0163788_2036313.jpg



「国産マグロ」って、オーストラリアやアフリカで獲っても「国産」だって知ってた?

日本の港に水揚げされれば「国産」

あるいは船が日本籍なら「国産」、外国で外国人乗組員が獲っても。 (^ ^)。

マグロは広く周回しているから仕方ない気もするが捕獲地もしりたい。
[PR]
by HoppyKosey | 2016-10-22 00:34 | 食べ物 | Comments(0)