a0163788_21515473.jpg



興味がある方がいらっしゃいましたら現地にご案内いたします。
非公開コメントでお知らせください。

「見世物小屋」については拙ブログで何回か書きました。

最近の「見世物小屋」事情について
「劇団ゴキブリコンビナート」座長のDrエクアドルさんが丁寧に語っています。















[PR]
# by HoppyKosey | 2017-11-04 00:45 | 映画・舞台 | Comments(0)

a0163788_18155820.jpg



東急大井町線の九品仏駅はホームが短いので電車がはみ出して停まります。

二子玉川寄りの1両は扉が開きません。

踏切があるのでホームが伸ばせないと思われます。


こういうのをドアカットというそうです。


編成が長い列車が停まるときだけドアカットする駅はあちこちにあったようですが

全列車ドアカットという九品仏駅はなかなかレアです。








[PR]
# by HoppyKosey | 2017-11-03 00:15 | 調べてみた | Comments(0)

a0163788_18432764.jpg

2017年10月29日 ちぇこかっぱ

大久保水族館「よござんス」さんのライブにお招きいただきました。

台風の中、お越しいただいたお客さま
本当にありがとうございました。

「よござんス」さんの温かいサウンドにも癒されました。

a0163788_18462368.jpg

心菜 vo
ほっぴいこうせい key
hozidora-k dr
みき g
かさまつ sax



,















[PR]
# by HoppyKosey | 2017-11-02 00:41 | ちぇこかっぱ | Comments(0)



Sound : John Cage

all Pictures: Higahsiyama Madoka

Produced::Hoppy Kosey 2012 TOKYO






[PR]
# by HoppyKosey | 2017-11-01 02:41 | 美術 | Comments(0)


新井としさん G
Hozidora-K dr
うま&ハセガワ key

2017年10月14日






[PR]
# by HoppyKosey | 2017-10-31 00:06 | ちぇこかっぱ | Comments(0)



1022日は超大型台風直撃

一斉にスマホの緊急避難情報がポロンポロンと鳴るお天気、さすがにお客さまはほとんどいませんでした。


この日、舞台を教えているお弟子さんたちがイベントスタッフとして参加しているので、差し入れを持って応援に行ってきました。

野外に配置されたお弟子さんはアフリカ人と一緒にズブ濡れ、うん、この経験も将来役に立つよ!

ホールではAHCバンドの演奏


何度聴いても心にストレートに入り込んでくる圧倒的なリズム感は比類なきものです。

ずっとこの音に埋もれていたくなります。



a0163788_22501752.jpg
  



AHC(アフリカン・ヘリテイジ・コミッティー)という団体はアフリカ文化紹介とガーナに学校を作る活動をしていて、

代表のTonyが友達なのでここ数年、ワタクシもイベントを手伝っています。

左が今日は正装しているTony、右は懐かしいサンコンさん。




a0163788_22515608.jpg

暇だったのでアフリカンパーカッションを教えてもらいました。

えーっ!!こういうリズムなんだぁとビックリすることばかり。

だからウネるんだね~ 目から鱗

さほど複雑ではないのに、普段ワタクシがやってるバンドでは絶対思いつかないキザみです。

あまりに理解と覚えの悪いワタクシにイラつくAHCの先生たちです(^^)



a0163788_22524123.jpg











[PR]
# by HoppyKosey | 2017-10-30 00:46 | 出かけた | Comments(0)

a0163788_20294338.jpg








[PR]
# by HoppyKosey | 2017-10-28 00:27 | バカバカしいお話 | Comments(0)

鳥を海に撃ち墜とす男


友人のカタオカさんが高校2年の頃というから、おそらく1975年のことだろう。

彼が厳冬期の能登に一人旅に出かけたときの思い出話。


能登半島の、とある海岸を歩いていると

海岸から海鳥を狙って猟銃を撃っている二人の男と遭遇。


なかなか当たらなかったが

とうとう一羽の海鳥がバサバサと沖の海面に墜ちた。


カタオカ少年は強いショックをうけ

今でもその光景を覚えているという。



この話は

ワタクシの心に潜んでいる「闇」に

そっと、ナマヌルい息を吹きかけた。









[PR]
# by HoppyKosey | 2017-10-27 00:48 | ひとこと | Comments(0)


Hirano Kentaro solo exhibition 「Ray」


a0163788_17234725.jpg


”Ray” なるほど森の木漏れ日みたいな絵が多かったかな・・・

淡くしみるような水色と柔らかな日差し、気持ちが落ち着きます。


a0163788_17230265.jpg


10月19日(木)~10月29日(日)

12:0018:00(休廊 月、火、水曜日 最終日17:00



a0163788_17242413.jpg

廊主の戸張 隆宏さんはワタクシのライブにもなんどか足を運んでいただきました。

爽やかで人懐こい戸張さん、おまけにイケメン。

ご自分のCAFÉでこだわりのコーヒーを淹れてくれ、元来写真家であった彼はアートに対する造詣も深く、ワタクシにとってはまさにカッコよくて眩しい男でした。

残念ながら今月、この展覧会直前に50代という若さで病気のため逝去されました。





[PR]
# by HoppyKosey | 2017-10-26 00:20 | Comments(0)

ヨコハマメリーに再会

a0163788_09563083.jpg


誇り高き孤高の街娼メリーさんは、年老いて腰が曲がるまでヨコハマの街に立ち続けた。

そのメリーさんにゆかりのある人々の証言を紡いだドキュメンタリー作品。

ホームレスだったが行きつけの美容院、化粧品店、クリーニング屋があった。

ワタクシも何回かメリーさんを見かけたことがあるが、白塗りの化粧でフリルのドレスを着た老婆は異形そのものだった。

メリーさんと親しくしていたシャンソン歌手の元次郎さんが、故郷に戻ったメリーさんを老人ホームに訪ね再会する。

ホームで歌う元次郎さんを穏やかに見つめるすっかり小さくなったメリーさん。

このラストシーンには泣けた。

そのときすでに病魔に侵されていた元次郎さんは治療の甲斐なく2004年に66歳で亡くなり、彼の店「日の出町シャノアール」で追悼イベントが開催されワタクシも参加した。

このとき監督中村高寛さんが来ていて、編集が終わったばかりのこの作品を会場で上映した。

13年前の話である。

 

上映は横浜ニューテアトルにて1027日まで。






[PR]
# by HoppyKosey | 2017-10-25 00:55 | 映画・舞台 | Comments(0)