河合代介節



ワタクシがリスペクトするジャズオルガン奏者・・・・
これまで「ジミースミス」「トニーモナコ」「ロニースミス」氏を拙ブログで書かせていただきました。

そして日本一といえば「河合代介」氏、これまで何度かライブ報告を書かきました。
大阪のHAMONNDO商人であるYS山本社長も、河合氏を日本のジミースミスと称賛しています。
このムービーは山本社長撮影。
ドラムはトミー・キャンベル、ジミー・スミスの甥でオルガンのことは知りつくしています。

ワタクシは、河合氏の、ジミースミスのコピーではない独特の節まわし「河合節」を魅力と感じています。
まさにケレン味。どうだとばかりに傾(歌舞)く華やかさが好きです。

バラードのこの演奏は河合節がよくあらわれていて、ピアノを弾く人がオルガンを弾けない理由がわかります。さらにこのハモンドオルガンで表現する方法は特殊といえます。

さて、マニアのみなさま、
河合氏のグリッサンド(鍵盤に指を滑らせる奏法)は天下一品。
そして上鍵盤から下鍵盤に指を落とすタイミングなど必見です。
もちろんエクスプレションペダルとのコンビネーション、そしてレスリー切り替えのタイミング。
いいでしょ?
[PR]
Commented by かみしろ at 2012-05-03 00:00 x
寒川敏彦さんはどうですか?
by HoppyKosey | 2012-05-01 21:02 | 音楽 | Comments(1)

お気楽にどうぞ


by ほっぴいこうせい