人気ブログランキング |

沖縄

沖縄本島は日本政府公認のアメリカ占領地であります。
行った方は随所に張り巡らされたフェンスをご覧になったことでしょう。

在日米軍が日本を守っているというのは多分嘘です。

たとえばこう考えてみます。

地下資源も労働資源もない日本を、いったいどこの国が莫大な費用と兵士の命をかけて軍事占領しようと思うでしょうか。
そしてそのコストはどうやって回収する算段でしょうか。

ましてや経済がグローバル化し、軍隊ではなく金融マーケット市場がリーマンやギリシャのように国家を簡単に揺さぶる時代です。
土地を支配してもマーケットは羽で世界を飛びまわっています。

もし日本が軍事的に攻撃されるとしたら、それは米軍基地があるからです。
米軍基地はいくつかの標的国に脅威を与えているから。
沖縄が攻撃されても、日本政府は沖縄を守りません、多分。

米軍が沖縄で何を考えているのか・・・
それは軍事機密。
でも単独で行動するのではなく、周到な政府転覆作戦の一部を担っていることはベトナムでもアフガンでもイラクで明らかです。
次はどこですか?


話を戻しましょう。

今後また日本に戦争が起きるとします。
多分、日本政府が誰かの思惑によって分断されることから始まります。
内戦となり、待ってましたと軍隊が出動する筋書き。
これが近代戦争のパターンだからです。

そんなことも考えあわせると、
やっぱり「米軍が日本を守っている」というのは幻想です。
あえていえば「米国の利益に貢献する日本政府」を守っている、ということ。
でも日米同盟で政府がお互いを守りあっているともいえます。

それが悪いことなのかいいことなのか、ワタシタチ、実はよくわかりません。
TPPとか・・・・・
政府を信じて何も考えずについていければ安心で楽なんですがねえ。

戦争と軍隊のことにもどりますが
誰かの思惑によって戦争に巻き込まれるのは嫌です、怖い。
すると大切なのは米軍ではなくて民主主義ということになります。







おしまい
by HoppyKosey | 2012-05-15 20:34 | ひとこと | Comments(2)
Commented by ほっぴいこうせい at 2012-05-15 21:41 x
間違えました、TTPではなくてTPPでした。
ご指摘ありがとうございます。
「Trans-Pacific Partnership」または「Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement」だそうです。
ところで今後の日本経済にとって、アメリカより中国とのパートナーシップのほうが有益だと思います。相変わらず「脱亜入欧」なのでしょうか。

Commented by かみしろ at 2012-05-17 01:38 x
日本もアメリカも戦争などで経済的な打撃を受ければ互いに損をします。
例えば日本が他国から攻撃を受けて経済が混乱してアメリカと貿易ができなくなればアメリカは損をします。だからアメリカは日本の経済を守るのです。日本人の命を守るのではありません。
でも日本はアメリカ人の命を守る軍隊がありません。