人気ブログランキング |

奇妙に感じたあの時のアナウンサー

2011年3月16日のNHKテレビは、福島第一の正門付近で6.4シーベルトを観測したと報道した。

前日には三号機付近で40ミリシーベルトという高い値が観測されている、というフジテレビの報道があった。

震災直後の12日には浪江町酒井地区で15マイクロシーベルトが観測されていたと後日、朝日新聞が書いている。


前述の3月16日報道でワタクシはとても奇妙に感じたことがある。

1シーベルト=1000ミリシーベルト
1ミリシーベルト=1000マイクロシーベルト


つまり前日の40ミリと16日の6.4シーベルトというのは1000倍以上なのに、
メディアは単位が変わるほどの状況変化であることを、ほとんど説明しなかった。
今でも奇妙に思う。
その時政府は、「直ちに健康に影響はない」を繰り返していた。

現在、政府は健康被害予測をどう予想しているのか?
これまたわからない。
Commented by かみしろ at 2012-06-29 10:59 x
1000キロカロリーと言うべきところを...
1000カロリーと言っちゃう人もいる。
by HoppyKosey | 2012-06-28 21:44 | 東日本大震災 | Comments(1)