みたままつりの見世物小屋

a0163788_11425265.jpg


久しぶりに見世物小屋に行ってきた。
7月の東京靖国神社みたままつりには毎年小屋がかかる。
「デリシャスウィートス」という劇団のネエチャンたちと蛇女の「小雪太夫」が出演している。生バンド付きだ。
「小雪太夫」も「ゴキブリコンビナート」という劇団の俳優さんらしい。

a0163788_11432841.jpg


ネエチャンたちの笑顔いっぱいで歌い踊りまくるハイテンションは半端なく素晴らしい。生きたシマヘビをかみ砕き生き血を啜る、お茶目な美女の小雪太夫もあっぱれだ。
Youtubeには動画がたくさんアップされている

a0163788_11435937.jpg


現在見世物小屋を興行しているのは多分この「大寅興業社」だけだと思われる。みたままつりでは隣にお化け屋敷も出していた。

見世物小屋興業というのは客を連続的に入れて出し続けるので、幕間や休憩がなく出演者にとって極めてハードである。
特にこの7月は酷暑のテントで8時間もの公演興業を3日間連続でやっている。

a0163788_11443862.jpg


出し物はデリシャスのコミックショーが25分くらい、蛇食いが15分くらい。ざっと計算すると一日12回公演となる。バンドも本当に大変だ。その根性に圧倒される。

a0163788_11451415.jpg


見世物小屋について詳しく知りたい人には
「間道―見世物とテキヤの領域 」坂入尚文著 新宿書房 
がお勧め。
[PR]
Commented by かみしろ at 2012-08-06 10:02 x
普通の見世物小屋(テキ屋の管轄、祭りの模擬店的な)は今でもあるのか?
たこ娘、蛇少女、人間ポンプ...
by HoppyKosey | 2012-08-05 23:58 | 映画・舞台 | Comments(1)

お気楽にどうぞ


by ほっぴいこうせい