人気ブログランキング |

オルガン特有の演奏法について





ステージ左の暗がりにいるのがワタクシ。
ハモンドクローンのオルガンVK-8をウチャウチャと弾いています。

これはオルガン特有の弾き方です。
でも風を送る本物のオルガンではできません。

オルガン鍵盤は、鍵盤を押すと、浅いところですぐ発音する構造になっています。
そして鍵盤から手を放すまで一定の音が持続発音します。
ここが普段ピアノを弾く人にとって一番やりにくい点です。

この特性を使って、鍵盤を叩いてリズム楽器のように弾きますが、
音が減衰しないのでパーカッションとも違います。
弾いていると楽しいですよ (^ ^)

時々ロングトーンやグリスを入れ演出しています。

ウチャウチャをウネらせるのがエクスペンションペダルです。
足でボリュームを変化させて表情を出します。


この映像は2年ほど前のライブ。
「トリプルトラブル」というバンドで弾かせてもらったときのものです。
曲は「ハード・トゥー・ハンドル」です。

動画提供は戸田博さんです。
by HoppyKosey | 2014-09-14 00:46 | 音楽 | Comments(1)
Commented by かみしろ at 2014-09-14 10:28 x
リズムギターのカチャカチャ見たいなぁ...