人気ブログランキング |

自衛隊が軍隊になった

戦争法案が可決したので「自衛隊」は「軍隊」になりました。

よく考えれば「軍隊(正規軍)」も「自衛隊」もどちらも「国」を守るためにある、そこは一緒です。

ここでいう「国」とは、時の政権なのか国民なのか、
何をもって正規軍とするか、
についてはここでは触れません。

「自衛隊」と「軍隊」の違いは、
外国で人を殺すか殺さないか、
外国で兵が死ぬか死なないか、
つまり活動領域の違いなのだと思います。

法律では「いざという場合」に海外へ軍事出動することとなりました。

この「いざという場合」であるかどうかは、政府の一部の判断で決まるしかありません。
詳細な軍事情報が国会を含めて公の場面で明らかにされるわけがないからです。

政府がそういえばそうなのです。
by HoppyKosey | 2015-09-24 00:27 | ひとこと | Comments(2)
Commented by かみしろ at 2015-09-24 05:59 x
近い将来、アメリカが中国に宣戦布告するだろう。
日本はアメリカ側につくだろう。
Commented by sillycon76 at 2015-09-24 22:27
私もそう思います。だから軍事産業の株でも買っておこうかと思いますが、それはどうですか?