村上秋鶴 おふくろの書道の雅号


80過ぎだが年に数回、書展に作品を出している。
自宅で習字教室もやっていてお弟子さんが何人かいるようだ。

キャリアは50年以上、書展では毎回賞を取り組織の理事も長くやっている。
だから「書家」ともいえるはずだが本人はそんなつもりは全くない。
長く「習字」をやっているだけだという。

書展は大変だからもう辞めたいといつも言っている。
装丁代や作品の運搬、そして審査員へのお礼が高いからだという。

作品を見に行ったことがある。

大概、最優秀賞みたいな受賞作品なので、すごいんだろなと思うが、
オフクロは、年功序列で決まっているだけだという。

出品作品の出来栄を聞くといつも、
納得はいってないけど時間がぎりぎりだったからこんなもんかね、という。

なんて書いてあるのかと尋ねたら「わかんないねぇ」との答えには耳を疑った。
どうやら別なところにコダワリがあるらしい。
言ってることから推察すると筆の動きらしい。

オフクロには少し年下の師匠がいるそうで毎週電車を乗り継いで通っている。
世間話をして帰ってくるだけだがお月謝は払っているという話。

オフクロはそんな人間である。
[PR]
Commented by かみしろ at 2015-11-16 11:10 x
書道の文字が読めなくても絵画のように味わえば良いと思う。
ピカソのような絵画で顔がどこでどうなってるのか?なんてわからなくていい。
アラビア語も楽しめる、意味が分からなくても。
ジハードだけはやめてほしい。
Commented by kousuke at 2015-11-16 13:48 x
いい人生だと思われます、と感じさせます。素晴らしいですね、いつまでもお元気で書き続けてください。
Commented by cathy at 2015-11-16 19:28 x
すばらしい。いい人生を歩んでいらっしゃる。
高校の芸術選択の授業では書道をとりました。いろいろな字や言葉を書いて楽しかったです。
by HoppyKosey | 2015-11-16 00:47 | 美術 | Comments(3)