人気ブログランキング |

新・二都物語 新宿梁山泊

a0163788_2325790.jpg


花園神社に出現したテントの中は意外に広く客席は200以上。
生火あり本水ありは野外芝居ならではでサービス満点。

舞台の奥の壁が一気に取り払われ、回転木馬に乗ったリーランが妖しく照明に浮かび上がって幕となった。

ケレン味たっぷりの演出で極上のエンターテイメントに満足。
さらに役者がみんな上手いことも印象的だった。

公演チラシに宇野亜喜良の絵が使われているが、御歳63歳のフラワーメグの華麗な歌と踊りはその絵の生き写しのよう。
デリシャの梟さんも得意のコケットショーで堂々と余裕にあふれた演技。

3部構成だったが1部の音響や照明が少しバタバタしていた感あり。


ところで新宿梁山泊座長の金守珍が映画「夜を賭ける」(2002年)の監督だったとは気づかなかった。

a0163788_23424681.jpg


a0163788_23442325.jpg



















.




















by HoppyKosey | 2016-07-03 00:22 | 映画・舞台 | Comments(1)
Commented by かみしろ at 2016-07-03 10:13 x
小屋での芝居ですね。