人気ブログランキング |

横浜JAZZプロムナード2016 “4ドラマーズ”

横浜JAZZプロムナード2016 “4ドラマーズ”_a0163788_22312519.jpg

猪俣猛・森山威男・本田珠也・江藤良人 

4人のジャズドラマーをフィーチャーしたプログラム


まず江藤良人(エトウヨシヒト)ユニット

このイベントの進行役だったためか、お行儀のよいドラミング

お疲れさまでした。


次は本田珠也(ホンダタマヤ)

こちらは縦横無尽で挑戦的、変拍子にカクカクさせてもらった。

乾きぎみの音はワタクシの好み。


三番手は森山威男(モリヤマタケオ)

精密なショットで音の粒立ちが素晴らしく、ビートの王道。

緊張感とグルーブ感が一体化した森山の華麗な身のこなしにも魅了された。

森山の圧勝。


トリは大御所猪俣猛(イノマタタケシ)

1500人も入る大ホールでジャズハウスのようなお気軽放言がさすが大御所。

ドラミングは「普通」だが1936年生まれ80歳、「神」だ。



それぞれのユニット演奏後、4人ドラムで“C,C,Strut”

懐かしい4バースとか2バースでのソロ回し。

ドラマーの違いを堪能できて楽しかった。


横浜JAZZプロムナード2016 “4ドラマーズ”_a0163788_22320014.jpg

すべてピアノは田中信正(タナカノブマサ)

強めのタッチでフリージャズっぽいスタイル、楽しく暴れてくれた。

サスティンペダルをほとんど使わない。


ゲストのトランペット類家心平(ルイケシンペイ)

透明で音にエッジが立っていながらとても暖かい

奏いているときの体の傾きがこれまた抜群にかっこいい




会場の「横浜みなとみらいホール」は巨大なパイプオルガンを擁し残響が長くしてある。

だからジャズやロックには不向き、聴いていると頭がウワンウワンする。


by HoppyKosey | 2016-10-14 00:28 | 音楽 | Comments(0)