船の経歴 その2 「第五福竜丸」

何度も書かせていただき恐縮だが、考えれば考えるほど数奇な話だ。

和歌山でカツオ漁船「第7事代丸」として進水 1947年
a0163788_1521790.jpg


売却されマグロ漁船に改造されて「第五福竜丸」となった。
a0163788_1541931.jpg


ビキニ環礁付近で操業中にアメリカの水爆実験で被爆したは1954年

政府が買い上げ被曝調査や放射能除去作業後、東京水産大学の練習船「はやぶさ丸」となった。
a0163788_1555534.jpg



老朽化で廃船、ゴミ捨て場に棄てられたのが1967年。
十年近く経ち、船体を発見した人たちが奔走して復元保存にこぎつけたのが1976年だ。
a0163788_1584221.jpg



一方エンジンは1967年の廃船時に売却され「第三千代川丸」に搭載され第2の人生を送ることとなったのだが翌年「第三千代川丸」が三重県熊野灘沖で台風により座礁・沈没してしまった。


ところが1996年、28年ぶりにエンジンが海中から引き上げられ、
今は「夢の島第五福竜丸展示館」の庭で保管されている。

ワタクシはこのハナシを伝えたくて何度も拙ブログに書いている。


http://bbbrothers.exblog.jp/5197907/
http://hoppykosey.exblog.jp/11093848/
http://hoppykosey.exblog.jp/22141748/





[PR]
by HoppyKosey | 2016-11-04 00:22 | 船の経歴 | Comments(0)

お気楽にどうぞ


by ほっぴいこうせい