HAMMONDをたっぷり




a0163788_00585289.jpg


河合代介によるHAMMONDオルガンソロ



「MotionBlue・YOKOHAMA」でたっぷり100分、至福のひとときでした。


映画音楽、ジャズスタンダード、ブルースなどなど・・・


河合さんの表現力と技術力の惜しみない披露 ありがたいばかりでした。



特に予定にはなかったアンコール曲「8 COUNT  FOR  RITA


ミディアムテンポから息をのむ超高速バージョン、そしてタップリ感あふれるスローバラード・・・・すっかり昇天しました。





河合さんも言ってましたが、オルガンのソロライブはそう多くありません。


さらにビンテージのハモンド、レスリーとなると機会は減ります。





a0163788_00593174.jpg


この日は河合さんの自宅から運び込んだHAMMONDA1001964年製)


完璧なチューン&メンテナンスです。


そしてレスリーも河合さんの2台、左は特にご自慢の1950年代製造。



ステージ上に並ぶ姿はまるで阿弥陀三尊像(^^)



私もオルガン弾きの端くれなので鍵盤が見えるステージ横の席


PAを通さないレスリーの骨太の音がしっかり楽しめました。



オルガン右上の鍵盤は名機「プロフェット5」


このシンセもさすが、音の貫禄が違います。



河合さんの姿も楽しそうで、思い出深い夜になりました。








by HoppyKosey | 2019-02-13 00:58 | 音楽 | Comments(0)