人気ブログランキング |

横浜トリエンナーレ 報告4

トリエンナーレの連携プログラムとしてBankArtが新港ピア倉庫で開催している「新・港村」プロジェクトは見ごたえがありオススメです。
入場料がたった300円で会期中何度でも入場OKというのは素晴らしく、しかも無料シャトルバスがありがたいです。

「新・港村」では100組以上のアーティストやクリエーターが会場に滞在しながら作品制作と表現を行っています。
4つのゾーンに分かれていて、Bゾーンにはチームごとの小さなスタジオブースが建てこまれていて、人がすれ違えないほどの狭い通路は混沌としたバザールの祝祭感がありました。

横浜トリエンナーレ 報告4 「新・港村」_a0163788_21564575.jpg
これは「最後のテレビ」という作品のスタジオ、場内に微弱電波でアナログテレビ放送を流しているそうです。

横浜トリエンナーレ 報告4 「新・港村」_a0163788_21572219.jpg
BゾーンからCゾーンへはとても小さな通路でつながっていて、通路を抜けたとたん、突然に広大な展示空間が開け、巨大なオブジェ群が目に飛び込んでくるという、楽しい仕掛けになっています。

横浜トリエンナーレ 報告4 「新・港村」_a0163788_2158453.jpg
最後のDゾーンには一軒家のように大きなサイズの構造物がいくつか展示され、ワークショップなどが行われていました。一番奥はガラス張りの明るいカフェで、港を行き交う船の向こう側にゆっくり回転する発電風車が見えます。

横浜トリエンナーレ 報告4 「新・港村」_a0163788_21582490.jpg
どのゾーンにも面白いアイデアや作品があふれていて宝の山のようです。会期中にもう一度行ってみたいと思っています。 11月6日まで

横浜トリエンナーレ 報告4 「新・港村」_a0163788_21584294.jpg

by HoppyKosey | 2011-10-27 21:47 | 美術 | Comments(1)

「快楽の園」 中央部のつづきです。
楽しそうです。

「快楽の園」 Tuin der lusten  ヒエロニムス・ボス 快楽②_a0163788_20234119.jpg
「快楽の園」 Tuin der lusten  ヒエロニムス・ボス 快楽②_a0163788_20235232.jpg
「快楽の園」 Tuin der lusten  ヒエロニムス・ボス 快楽②_a0163788_20241077.jpg
「快楽の園」 Tuin der lusten  ヒエロニムス・ボス 快楽②_a0163788_20242454.jpg
「快楽の園」 Tuin der lusten  ヒエロニムス・ボス 快楽②_a0163788_20243960.jpg

by HoppyKosey | 2011-10-27 20:25 | 美術 | Comments(1)