人気ブログランキング |

2012年 08月 31日 ( 2 )

8月後半に行ったチェコのプラハ、美しい建物の街並みにはヨーロッパ中からの観光客で賑わっていた。

観光の中心となっているのはカレル橋という古くて長さ600mもある立派な石橋。
大勢のストリートミュージシャンや似顔絵かきがいて楽しい。

そのタモトにある古い建物のギャラリーで開催されていたAMoYAという展示会に立ち寄った。

いわゆる「ゲンダイビジュツ」で、戦争や暴力を静かに告発する作品、抑圧される人間に寄り添う作品、人間の感覚をあらためて問いなおし、また可能性を切り拓く作品・・・
ターゲットはコンテンポラリーでボーダレスだから、ここがチェコであることはあまり問題ではない

a0163788_23101647.jpg




中欧は戦争の記憶が濃い。経済成長の波が押し寄せていないからだろうか
a0163788_2214157.jpg


驚いたのはこの建物に礼拝堂があったことだ。天井のフレスコ画も見事だ。
a0163788_2222816.jpg



中欧の現代史におけるスターリンとヒトラーは、美術シーンでも負の遺産として継承されている。
a0163788_2224683.jpg




チェコアートの真骨頂はポスターアート。ちょっとひねくれたところに本物の強さがある。
a0163788_22338.jpg



チェコアートのもう一つの伝統は透明感。
a0163788_22320100.jpg

a0163788_2233388.jpg


これは平面作品。チェコにはだまし絵の伝統技術がある。
a0163788_227438.jpg




これはチェコらしいなあと思った作品。
a0163788_2282100.jpg



さてこの2枚は展示作品ではなくて、ワタクシが会場の中で見つけたパイプとボックス。
a0163788_224529.jpg
a0163788_2242380.jpg

越後妻有トリエンナーレ「大地の芸術祭」で見たクワクボリョウタさんの作品
先日こちらに紹介した。
http://hoppykosey.exblog.jp/15915959


彼の作品を東京で見ることができる。新潟まで行けない方にお勧め。
9月2日まで。

ICC キッズ・プログラム 2012 
パーフェクトロン(クワクボリョウタ+山口レイコ)ひかり・くうかん じっけんしつ
会期:2012年8月14日(火)—9月2日(日)
会場:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] 4階特設会場 無料