人気ブログランキング |

2012年 10月 01日 ( 4 )

今日は台風が通り過ぎたので山梨の温泉探訪。

「ヨシャーの湯」 源泉かけ流し
a0163788_21322483.jpg

あの看板のところだ。屋根や脱衣所はない
a0163788_21332291.jpg

浸かれないことはないが東急イン並みの湯船
名前がかっこいいが、狭いなぁ 冷たいなぁ 恥ずかしいなぁ・・・・
というわけで入浴断念。
飲んでみるとちょっと炭酸、ちょっと塩味で おや、美味い!
地元の利用者はいるのだろうか?





「益富の湯」 源泉かけ流し
a0163788_21343573.jpg

あれ? どこにも「世界一」とも「ラジウム温泉」とも書いてないぞ。
泥水みたいな冷泉は、37度、35度、30度、25度の浴槽がある。
せっかくなので25度を試す。
体温以下で初めはうっ・・・となったが、しだいに海水浴のようで気分が良くなってきた。
少し体が浮く感じ、もちろんのぼせない。
少し炭酸、少し塩味と金味。ヨシャーのほうが美味い。
湯上りが温まったような感じなのは不思議。
この奥に小さな温泉街があった。




「韮崎旭温泉」  源泉かけ流し
a0163788_21361424.jpg

ポツリと建物がある 手前には老人ホーム
a0163788_2137305.jpg

周囲はきれいな田んぼで正面に富士山
1分ほど体を浸していると肌がヌルヌルしてきた。
あれぇ・・・細かい泡が体中についている。我がチン毛を観察してみたら見る見るうちに雪景色。
なるほどこれが有名なんだな~、でも何で? 不思議だ。
温泉マニアにとっては体験必須の泉質だろう。
エメラルド色の湯というのはどうも違うな。
サイダーっぽい温泉を想像していたが、飲んでみてもシュワーっとしないのは意外だった。


おまけ
せっかく山梨に行ったので鶏もつ煮を食べてみた。想像していたよりくどくないんだね。
a0163788_21515953.jpg

追記 http://hoppykosey.exblog.jp/16476698/

大間町長が建設再開に安どしているという。
建設関係業者がまたお金を落とすからだそうだ。

でも町長、廃棄解体でも建設関係業者はやってくるよ。

それよりここで止めておかないとだめさ。

稼働すると、原発立地自治体のすべてがそうであるように、アヘン中毒みたいになる。
故郷の何かがおかしくなる。
a0163788_20274854.jpg

ヴィトンとのコラボレーションで話題の現代美術家草間彌生さん
2009年「大地の芸術祭」、2011年「瀬戸内芸術祭」でも彼女の作品は花形だ。

83歳というご高齢ということは知っていたが9月28日に放映されたNHKのドキュメンタリー番組を見て大変ビックリした。

ビックリその1
草間さんは脳病で40年以上も病院暮らし。ずっと病院からアトリエへ通っているそうだ。

ビックリその2
おぼつかない足腰だが巨大な作品を一気に描き上げていく様子が迫力にあふれている。

ビックリその3
20代のころニューヨークで水玉を裸体にペインティングする「ハプニング」で大暴れしていた。

a0163788_20281050.jpg
a0163788_2028283.jpg

a0163788_948055.jpg


これを720本(゚∀゚*) もいただきました。
ありがとうございます。