人気ブログランキング |

2013年 04月 30日 ( 2 )

困難な時代って、いつだったのだろう。
今じゃないとすれば。
人々 は両の掌に目を落とし、
すでに書かれた罪悪と書かれようとしている罪悪とを読んだ。
再び面を上げたとき、頭上 には桜が開いていた。
それはいつもより早く美しく咲いたくらいだった。

春。
絵本を閉じたあとの寝室で、母親は小さな子に希望を説いた。
説きながら、胸に冷たく落ちる絶望とも見つめあう。
洗面所で身を折る間、彼女の心にはこの世の美しいものが去来する。
地中に眠るエメラルド。まだ誰も見ない花畑。谷間を行く牡鹿。
布団へ戻るその顔は孤独さで輝いている。
お母さんはきっとよい赤ちゃんを産むだろう。子供は安心して眠った。

花が落ちて紅い萼だけになっても桜は桜だったし、
もしかしたら花の頃よりもっと桜だった。
ぼやぼやと熟れる視界はどこへ向かうのだろう。
ハッピー・バースデー、
散り落ちた花びらの上で人々 はそっと掌を合わせた。
ハッピー・バースデー・トゥー・ユー。
お誕生日席の釈迦像を囲んで甘茶がふるまわれ、
空は素っ気なく晴れわたり、
こうしてまたひとつ、名のない春が見送られていく。



(朝日新聞 4月23日より)




今日はワタクシの誕生日。
誕生日が同じ日の知人、

詩人のIさん、昨年鹿児島から横浜に戻ってきた。
BBBrithers & PetiteMaisonのドラム小島さんは京都にいる。
ハモンドショップの山本社長は大阪の長居。
仕事仲間のFさんは横浜駅そばに住んでいる。
a0163788_1911723.jpg


今年の4月は早く桜が終わったけれど、そのあと寒い雨の日が多かった。