2018年 09月 06日 ( 1 )

清里が「アンノン族」で原宿の竹下通りなみに賑ったのは1980年代だと思います。

すっかり廃れてしまったというので見に行きました。




a0163788_16003309.jpg


a0163788_15584762.jpg



a0163788_15594913.jpg



なるほど駅前でも営業しているお店は僅かでゴーストタウンのよう。




a0163788_16022258.jpg

a0163788_15592850.jpg

a0163788_15585996.jpg

a0163788_15591772.jpg



数年後にはこの町全体が廃墟化してしまうことでしょう。





物悲しいような気分で森を抜けて南に坂を下っていくと美しい牧場が広がっていました。

開拓の歴史を紹介するウォーキングコースを辿ってみて

この景観が本来の清里なんだな、と思いホッとしました。






a0163788_16000186.jpg



国道沿いの「萌木の村」もたくさんの人でにぎわっていて一安心。

美しい木立の中にお洒落なカフェやレストラン、雑貨店などが点在していてゆっくりと時間を過ごせます。

「Hall&Halls」(オルゴール博物館)で自動演奏楽器の演奏を聴いてきました。




a0163788_15590947.jpg




すでに今年の公演期間が終わっていましたが

ここでは毎夏「フィールドバレエ(野外バレエ)公演」も開催されます。

来年あたり観てみよう。





1986年の清里の街がyoutubeにありました。

自分もどこかに映っているような気分です。













[PR]
by HoppyKosey | 2018-09-06 00:17 | 出かけた | Comments(0)

お気楽にどうぞ


by ほっぴいこうせい