カテゴリ:未分類( 46 )

a0163788_20111721.jpg




結成20周年おめでとうございます。

雑芸レヴューの「デリシャスウィートス」

元気ハツラツ、ずっとブレずに直球勝負。

ワタクシがお邪魔した日のゲストはタブレット純さんと4人の初代デリシャレディー。

1110日の黒湯温泉ヌーランド(雑色)公演も楽しみです。




a0163788_20252294.jpg




ところで会場は工場の屋上で開放的、

まことに気持ちよかったのですがバンドの音量が小さくて残念。

スタッフに事情を訊くと、近隣住民の苦情があったとのこと。

工業地域で町工場の機械の方がよっぽど音が大きいのに・・・

ワタクシも経験がありますが、野外公演の悩みは雨風よりこれなのです。




a0163788_20263692.jpg


a0163788_20140104.jpg
a0163788_20130842.jpg




[PR]
by HoppyKosey | 2018-09-30 00:10 | Comments(0)

小魚ゲット!!


廃プールに大量発生とのことで捕獲にGO



a0163788_20442703.gif



網ですくったらチャチャっと小魚 



a0163788_20451008.gif
a0163788_20452425.gif



ふむふむ小さいけれどカッコイイかも

ママカリみたいだ。





a0163788_20454565.gif


水草を買って水槽に投入




a0163788_20460061.gif





果たして大きくなるだろうか・・・







[PR]
by HoppyKosey | 2018-06-10 00:43 | Comments(0)
ICANは核廃絶運動でノーベル平和賞を受賞した国際NPO。
その事務局長が来日した際、安部首相と面会を申し込んだが断られた件のことです。
安部首相はバルト三国訪問中でした。

「できれば会いたい」というICAN
「すみませんが日程的に無理です」という官邸

というコトだったのですが
周囲がアレヤコレヤとさわがしいのであります。

「毎日毎日オトモダチと赤坂でご飯食べているのに会わないとは何だ安部!!ゴルア」

「政府は核兵器廃止条約に反対したから会うわけにはいかないのですね~」

「ICANはあえて無理な日程で要求し、断られたことを利用するつもりなのだっ!」

などなど
どれも「我田引水」じゃないかと思うのです。












[PR]
by HoppyKosey | 2018-02-03 00:45 | Comments(0)

迷宮入り 「瀬川タツ」

何十年も前のことで記憶があいまいなのだが、
群馬県中之条町の歴史資料館で見た「郷土かるた」だったか「こども向け絵本」だったか・・・
素朴で味わいのある絵と文がとても気に入り作者名をメモしてきた。

「瀬川タツ」という人でおばあさんのようだった。

時々そのことを思い出し、もう一度見たいと思うのだが「瀬川タツ」さんの情報が全くない。

先日、所用で中之条へ行った折、資料館を訪問して学芸員に所蔵資料のデータベースをさらってもらったが出てこなかった。

もしかしたら「瀬川タツ」ではなかったのかもしれない。
もう忘れることにした。




[PR]
by HoppyKosey | 2017-11-08 00:12 | Comments(0)


Hirano Kentaro solo exhibition 「Ray」


a0163788_17234725.jpg


”Ray” なるほど森の木漏れ日みたいな絵が多かったかな・・・

淡くしみるような水色と柔らかな日差し、気持ちが落ち着きます。


a0163788_17230265.jpg


10月19日(木)~10月29日(日)

12:0018:00(休廊 月、火、水曜日 最終日17:00



a0163788_17242413.jpg

廊主の戸張 隆宏さんはワタクシのライブにもなんどか足を運んでいただきました。

爽やかで人懐こい戸張さん、おまけにイケメン。

ご自分のCAFÉでこだわりのコーヒーを淹れてくれ、元来写真家であった彼はアートに対する造詣も深く、ワタクシにとってはまさにカッコよくて眩しい男でした。

残念ながら今月、この展覧会直前に50代という若さで病気のため逝去されました。





[PR]
by HoppyKosey | 2017-10-26 00:20 | Comments(0)


国立新美術館と森美術館で開催中

まず国立新美術館へ

植民地支配、その後の民族紛争、解放と混乱・・

そんな歴史をたどった展示構成。

どうも説明的でいけません。

もっと自由に感じたかったな。


a0163788_18514668.jpg


a0163788_18521440.jpg

a0163788_18523806.jpg

a0163788_18534267.jpg


森美術館に移動、こちらは押しつけがましい感じはうけませんでした。


a0163788_18542843.jpg


a0163788_18545330.jpg


a0163788_18551402.jpg


a0163788_18553439.jpg




ここひと月、現代美術展にあちこち行きまして、消化不良ぎみであります。

作品の良しあしは人それぞれ、結局、自分が気に入るかどうかです。

いろんな作品を観に出かけますが

自分はどんなものが好きなのかを探しまわっている、自分探しのようなことです。

そうそう、国立の最後の展示にあるオモチャは面白かった、購入できます。


a0163788_18515609.jpg

a0163788_18560615.jpg


,




[PR]
by HoppyKosey | 2017-10-16 00:51 | Comments(0)

小鳥の大きさ

小鳥ってどのくらいの大きさまで?
鳩はどう?




[PR]
by HoppyKosey | 2017-06-03 00:37 | Comments(0)

ケロリン

a0163788_22345472.jpg
歯が痛くて
ケロリンを購入

レトロなパッケージデザイン

a0163788_22375014.jpg

せっかくなので風呂場で記念写真

桶は頂いたもの
銭湯からかっぱらってきたのではない










[PR]
by HoppyKosey | 2017-04-16 00:33 | Comments(1)

ドキュメント 3・5】

10:15 ほっぴいこうせい会場入り

a0163788_22201455.jpg

10:30 ここな氏、ほじどら氏および機材到着

10:40 リハーサル

11:30 リハ終了、しばし街めぐり

      ほじどら氏、ガチャで「煙たばこ」購入

a0163788_22213546.jpg
a0163788_22220639.jpg

      

a0163788_22225966.jpg


吸ってはいけないらしい。なので味がわからないとのこと。
a0163788_22231925.jpg

      ここな氏、ともだチのお店を覗く。靴屋さん。

a0163788_22255876.jpg

11:30 昼ごはん 朝からやっている居酒屋にてビール、日本酒

a0163788_22244522.jpg

      「伊勢佐木町ブルース歌碑」参拝

a0163788_22262686.jpg

12:30 会場入り

13:40 ちぇこかっぱ演奏  今回も写真なし

「月光値千金」和製ジャズの金字塔 1928

「ウスクダラ」江利チエミ 1953

「カルーセル・エル・ドラド」マンボ松本 作年不明

「伊勢佐木町ブルース」青江美奈 1968

「悩殺レナウン節」改メ「崩壊レナウン娘」シルビー・バルタン1961

「鎮静剤」マリー・ローランサン 1914(頃) 

「LAZY BONES」Hoagy Carmichael 1941

「黒い瞳 Очи чёрные」ロシア民謡 1884



14:30 ヤングデイズアゲインのみなさん

a0163788_22270363.jpg

15:45 終演、撤収が終わり野毛へ移動。いつもの大鵬でいつもの好物さつまあげと粕取ヤマサン 

a0163788_22274039.jpg

17:00 野毛にて解散














[PR]
by HoppyKosey | 2017-03-06 00:14 | Comments(0)

今日のライブ会場「ISEYA」は横浜伊勢佐木町の6丁目、この辺までくると伊勢佐木町もすっかり長閑。

こどもの頃、時々母親に「ほていや」という安売りデパートにつき合わされた。たぶんまだ留守番ができない年齢だったのだろう。とにかく駅から遠くて本当に嫌だった。帰りに一度だけ不二家でナポリタンを食べたことが唯一、嬉しい思い出だ。

このあたりで強烈な印象は「へびや」の店頭に並ぶマムシやハブ。

漢方薬局でいまも健在。怖いもの見たさで買うわけないのに必ず覗いたものだった。

「イセザキ書房」の息子が高校の親友でこのあたりに住んでいた。何度か店の2階に遊びにいったことがある。

「イセザキ書房」は横浜港に立ち寄る外航船に本を届ける「港の本屋」、ワタクシの父親も船乗りだったので世話になっていたことだろう。

酒を呑むようになってもこの界隈には縁があり、バブリーな時代には「愛知屋」に行ったことがある。カニ料理専門でグラム売り店。一回しか行ったことがないのだが、今はもはや手が出ないのが残念だ。

「一六地蔵」は7丁目でもうちょっと先。1と6の日に縁日が出ていたが今はどうなんだろう、故カミシロアキオとカップ酒をあおりながら露店をひやかしたものである。

「ISEYA」のすぐそばにある「プロフィット・イイジマ」は知人のキムキムさんが嫁いだ靴屋さん。オーダーメイドができる超専門店である。

少し戻った4丁目に「伊勢佐木町ブルース歌碑」という素っ頓狂なものがあり、ついボタンを押すとメロディーを聴く羽目になる。逃げ出すのは失礼だ。

歌碑の前にある「和来」、始めて行った時はチェーン居酒屋風情だったが、どっこい客が店を育てる好例。今やすっかり落ち着いた大衆酒場の名店となっている。

4丁目の南側は曙町はファッションヘルスの密集地域、ここも忘れてはいけないゾーン。歌舞伎町などと違い路上キャッチはいない。店頭の黒服がくぐもった声でどうですか、と囁く流儀となっている。おびただしい女性がこの街で頑張っている。

ちぇこかっぱライブは13:40から。

演奏後、ほっぴいこうせいが街案内ツアーを行います。

ぜひお声かけください(笑)。










[PR]
by HoppyKosey | 2017-03-04 20:11 | Comments(2)

お気楽にどうぞ


by ほっぴいこうせい