人気ブログランキング |

カテゴリ:音楽( 386 )


歌がうまい

メンバーが若い

自分も昔は若かったのであります

そしてあなたも



ところでこの演奏、ブラス抜きで聴きたかったです。




by HoppyKosey | 2019-11-11 00:56 | 音楽 | Comments(0)

命日 本田美奈子.






2005年11月6日、本田美奈子.が亡くなってもう14年

生きていたら52歳、どんな歌を歌っていただろう。




wikiから引用

演奏家には何度演奏しても同じように演奏するタイプと
その場の感興に応じて表情を変化させていくタイプがあるが
本田は典型的な後者のタイプだった。

一連のクラシックアルバムで編曲を務めた井上鑑
「彼女の場合はまわりが変わると、その変化を反映していくような感性を持っている」と評し

プロデューサーの岡野博行
「毎回歌うたびに、表情もすごく変わる」
「その歌の世界を生き、自分に起きてくる感情をすごく大切にして歌っていた」
と語った

本田自身はミュージカルのロングランでもテンションが落ちない理由について
「何百回やっても毎回違うからちっとも飽きない」と語っていた





by HoppyKosey | 2019-11-06 00:33 | 音楽 | Comments(0)




先日、地元のホールでギラ山ジル子ライブ

豊かな表現と確かな歌唱力
それと温もりあふれるジル子さんの人柄
とても心地よいライブでした。


私がなにより感服したのはアレンジ
ギターの竹中俊二さんが手がけているそうですが
まさに職人技
一瞬たりとも聴き逃せなかった2時間でした。

ボーカル用ワイヤレスマイクの音質が悪かったのが残念




a0163788_21020778.jpg






by HoppyKosey | 2019-10-29 00:42 | 音楽 | Comments(0)

上原ひろみ 強烈





始めはそうでもないですが…



Hiromi - Timeout piano solo






by HoppyKosey | 2019-10-26 00:49 | 音楽 | Comments(0)

上原ひろみのレッスン




これね、ピアノだけはなくて歌でも他の楽器でも
参考になります

たった20分の動画でいろんなコトが分かります。

このブログをご覧いただいているバンド仲間のみなさまへ

















by HoppyKosey | 2019-10-12 00:39 | 音楽 | Comments(0)

吉田美奈子 小島良喜

a0163788_23011672.jpg

地元にお越しいただいたので馳せ参じました。

開演前にトイレの前で普段着の美奈子さんにバッタリ

「こんにちは」
「こんにちは」

あれ、美奈子さん髪が短い
といっても普通のロングヘアーだが
これまでの印象は腰くらいだったから

ステージではカツラ?  でライブスタート
美奈子さん、髪は切っていました(^^)

狭い会場なので目の前に美奈子さん
面は少しお年を召されましたが
歌は円熟味を増して縦横無尽な表現
そして確かな声量

この人の歌っている姿はいつも
何かが憑依しているようです。

合間のトークは真逆で親近感に満ちたなごやかさ

比類無い表現者です。

ところで小島良喜さんのピアノで一番驚いたのが
左手のベースラインをとても弱い音でツブツブに弾く。
このタッチコントロールはメチャクチャにスゴい。
ハーフペダルも使っているかもしれません。
こんなピアノを弾ける人は滅多にいません。

二人の楽しそうな掛け合いでライブが進み
会場は楽しさ温かさでが充満

たっぷり2時間 満足。











by HoppyKosey | 2019-09-24 00:11 | 音楽 | Comments(0)

a0163788_21480896.jpg




合唱とはあまり縁が無いのだけれど
知人がこの合唱団の団長をやっていると言うので出かけてみた。
70周年もの歴史があるそうだ。


さて合唱といってもいろいろだろうと思うが、神奈川合唱団は「うたごえ運動」がルーツ
労働運動からうまれたのでもちろんアマチュアだ。

20分ほど前に着いたら会場は既にほぼ満席。観客席はそれっぽい世代のみなさま。
お元気そうで何より、歌は元気の秘訣かも。


オープニングはそれらしく「わたしたちのプロテストソング」と題しての数曲

太鼓や雀踊り(この雀踊りには感動)などをはさんで
ロシア民謡あり、みんなで歌う場面があり
聴いたことがないような労働歌があったりで飽きない。

まさに「うたごえ運動」っぽい演出なのだろうが、生の歌声ってのはなかなかいい。
最後の「信長貴富作品を歌う」の4曲は圧巻。
知人も楽しそうに歌っていた。

帰り道の足取りが軽くなった気がして
来年も行こうかなと思っている。









by HoppyKosey | 2019-09-13 00:16 | 音楽 | Comments(0)

a0163788_14524394.jpg


先日大久保「ひかりのうま」でMUDDY WORLDを聴いてきました。

インストの3ピースで変拍子とブレイクが得意

曲調はハーモニックマイナースケールが印象的



店の入り口、名前違うし

これじゃ初めての人はわかりません(^^;)


a0163788_14535197.jpg

ストイックな添田君(g)、JCは縦置きでっせ!

チューナーなんか使いませんよ、音叉でポーン。

もちろんイフェクターなんぞもってのほかであります。

杉田君のバスドラはマイク2本付け

20人も入ればいっぱいの狭いスナック空間でも

音にはコダワってます。



a0163788_14542049.jpg



この日はワンマンでしたがMUDDYでワンマンはもしかしたら初めてかも知れないとのことでした。

約1時間半、カクカクしてきました。

ハマる人はハマるサウンドです。



--------------------------------ーーーーーーーーー

MUDDY WORLD :  http://www.muddyworld.net/

添田雄介/ギター 村上啓太/ベース 杉田宏平/ドラム

2001年末結成。

2006年、ニューヨークはジョン・ゾーン主宰のレーベル「Tzadik」から1stアルバム「Fineryof the Storm」をリリース。

『ロック、ジャズ、フラメンコが混ざり合ったような、東京のエキサイティングなバンド。ギター、ベース、ドラムという古典的な編成でありながら、新しくクリーンなサウンドをつくり出している若い三人組。This Heatの精確さ、John Faheyのまどろみ、Massacreの即興的な要素が結びついている。疾走するグルーヴ、うねりを巻く対位法が、音源にダイレクトに刻み込まれている』(TzadikCD帯紹介文より)

2007年、テキサス・オースティンで開催されている「SXSW」、同年ニューヨーク「TONIC」に出演。

現在2ndアルバム製作中(ガウディ進行)

*メンバーのその他の活動*

添田雄介 - 鉄雄(ソロ)/俺はこんなもんじゃない(ベース)/とうめいロボ(CD・ライブ参加)

村上啓太 - 在日ファンク

杉田宏平 - PROPOSE


by HoppyKosey | 2019-09-12 00:52 | 音楽 | Comments(0)