カテゴリ:音楽( 361 )




a0163788_00585289.jpg


河合代介によるHAMMONDオルガンソロ



「MotionBlue・YOKOHAMA」でたっぷり100分、至福のひとときでした。


映画音楽、ジャズスタンダード、ブルースなどなど・・・


河合さんの表現力と技術力の惜しみない披露 ありがたいばかりでした。



特に予定にはなかったアンコール曲「8 COUNT  FOR  RITA


ミディアムテンポから息をのむ超高速バージョン、そしてタップリ感あふれるスローバラード・・・・すっかり昇天しました。





河合さんも言ってましたが、オルガンのソロライブはそう多くありません。


さらにビンテージのハモンド、レスリーとなると機会は減ります。





a0163788_00593174.jpg


この日は河合さんの自宅から運び込んだHAMMONDA1001964年製)


完璧なチューン&メンテナンスです。


そしてレスリーも河合さんの2台、左は特にご自慢の1950年代製造。



ステージ上に並ぶ姿はまるで阿弥陀三尊像(^^)



私もオルガン弾きの端くれなので鍵盤が見えるステージ横の席


PAを通さないレスリーの骨太の音がしっかり楽しめました。



オルガン右上の鍵盤は名機「プロフェット5」


このシンセもさすが、音の貫禄が違います。



河合さんの姿も楽しそうで、思い出深い夜になりました。








by HoppyKosey | 2019-02-13 00:58 | 音楽 | Comments(0)

宅ファイル便

a0163788_21013034.jpg

大きなサイズのデータでも無料で送れる「宅ファイル便」
10年以上前からバンドの音声やムービーデータのやりとりでお世話になっておりました。

ところが先日、情報漏洩を起こしサービスが停止となりました。
外部からの不正アクセスとのことです。

どう責任を取るのかは判明しませんが漏洩は480万件とのことで大変です。

これは宅ファイルから来たメール
宅ファイルが私のメアドを持っているということは、myアドレスも漏洩したということであります。



a0163788_20494646.jpg




漏洩してしまったものは海に逃げたさかな同様、捕まりません。

2014年 ベネッセで漏洩事件がありました。
これは情報持ち出し犯人がいて捕まりました。
罰金300万円
一方ベネッセの損失は一時100億円を超えました。

宅ファイルのFAQ 
「もうしわけありませmん」ばかりでちょっと同情します。

街中やサイトでメアドを登録することも最近は珍しくありません。
メアドはいくつか用意して使い分けるべきですね。















by HoppyKosey | 2019-02-08 00:41 | 音楽 | Comments(0)

a0163788_20544830.jpg


このレジストをなんと呼びますか

① 「フル ドローバー」

② 「フル ドロボウ」

③ 「チハヤブル」

④ 「ぜんひきぷっぷー」

⑤ 「しろくろ」



どんな音がするでしょうか

① ジャーッ

② ピュー

③ シャー

④ ポー

⑤ ヤーン




正解 ① ①








by HoppyKosey | 2019-02-07 00:53 | 音楽 | Comments(1)

Trudy Pitts のオルガン




角(カド)が取れております、ぶらぼう!




by HoppyKosey | 2019-01-09 00:58 | 音楽 | Comments(0)

渚ようこを送る会

a0163788_19582234.jpg



昨年若くして急逝した渚ようこさん

送る会の発起人はそうそうたる面々です。

1月15日 shibuya o-WEST にて







by HoppyKosey | 2019-01-08 00:35 | 音楽 | Comments(0)







a0163788_20011142.jpg
薫:ケイティ自身は過去、どんな人たちに憧れて、どんな人たちからインスピレーションを受けて音楽を始めようとしたんです?

ケイティ:私は子供の頃、船上生活者だったのね。だから友達もいなくて、いつも一人で過ごしてた。そんななかで、歌というのは私にとっての親友であり、自分の心の拠り所だったの。自分で自分のために子守り歌を歌う……。ずっと、そんな感じだったと思う。その頃は、世界がとても広いもので、無限と言ってもいいほどに広がっているものなんだってことを知らずにいた。でも、そんな頃から、歌というのが私にとってものすごく大切なものだったことは確かよ。当然、私自身も誰かの影響を受けてきているはずだとは思う。でも、“この人”って自覚的に言えるような対象が誰なのかは、今もまだわからないわ。

https://www.barks.jp/news/?id=1000039164














by HoppyKosey | 2019-01-06 00:10 | 音楽 | Comments(0)

高峰ギター TD27

a0163788_20433710.jpg

このたび、もらってくれる人がいたのでお掃除

このギターは30年ほど前のもらいモノ
誰からもらったのか忘れました。


a0163788_20433034.jpg

楽器はけっこうもらえるものです。
というのも趣味で始める初心者はまず、オタメシで手頃な楽器を買います。
上達するといい音が欲しくなるので買い換えます。
これまでの楽器はお払い箱になり、誰かにあげるというわけです。



a0163788_20441356.jpg

そんなこんなでもらったギターがウチには数台あります。
私もこれまでいろんな楽器を人にあげてきました。
アップライトピアノをあげたこともあります。


ところで、いい楽器なら上達が早いというのはホントだと思います。
いい楽器は反応が正確で演奏の善し悪しが直感的に判るからです。



















by HoppyKosey | 2018-12-05 00:45 | 音楽 | Comments(0)

a0163788_21464324.jpg

屈託のないキュートな出口さんに
すっかりハナの下を伸ばして参りました。

a0163788_21473354.jpg

この日はピアノ、ギターとのトリオ編成

a0163788_21474554.jpg


akikoやジェントル・フォーレストのコーラス隊でお見受けしてましたが
このたびソロは初のおじゃまでした

a0163788_21475591.jpg

アタシは歌が好き、ジャズが好き

そんな出口さんの気持ちが温かな祝祭感となって
客席を包みこみました。

ワタクシもすっかり癒やされた次第であります。




a0163788_21480324.jpg

カズーのソロ
あらま険しい顔(^^)



by HoppyKosey | 2018-12-01 00:44 | 音楽 | Comments(0)

a0163788_21585686.jpg




立正佼成会横浜教会普門館で開催された、パイプオルガン定期コンサート

"「しおん」の夕べ" に行ってみました。

パイプオルガンが設けられているのは「法座席」というホール

正面には大きな仏さま そして左右にオルガンパイプです。

ここは法話に使われる宗教施設

声が明瞭に届くよう残響を抑えた建築設計になっています。

一方、パイプオルガンは豊かな残響がオルガン音色の要素

相反するわけです。


そこで

オルガンの音をマイクで拾い

音を僅かに遅らせて場内に設置した数十台のスピーカから流すことで

残響感をつくりだしています。


スピーカーの位置によって異なる遅延量(ディレイタイム)が設定されています。


実際に最後部で聴いてみたところ

残響は少な目に調整されていました。


好みや楽曲にも因ると思いますが

粒だちがハッキリしていて自分には気持ちがいい音でした。


ところで大きなパイプオルガンの場合

客席から鍵盤を見ることはほぼ不可能です。

これはオルガンの構造上仕方が無いのですがいつも残念に思います。

演奏者が見えたとしても遠くからの背中だけ、演奏者が全く見えないこともあります。

ここ普門館もどこで演奏しているか分かりませんでしたが

サービスで演奏の様子がプロジェクターで映し出されていました。

【演奏曲目】

1,水上の音楽よりアラ ホン パイプ(ヘンデル)

2,バッサカリアとフーガ ハ短調(JSバッハ)

3,ギーターンジャリより

 摘んでください/我が生命滴るるとき/我が胸の奥底を(ゴダール)

【出演】

オルガン伊藤繁

ソプラノ羽田亜由加/メゾソプラノ鬼塚明美/バリトン瀬戸忠志

朗読 内田浩世


***


ところで東京杉並の普門館は長らく吹奏楽の全国大会会場に使用されてきましたが

耐震構造が不十分なため取り壊されることとなりました。

115日から吹奏楽愛好者向けに施設公開イベントが開催されます。

思い出がある人は見納めに行ってみてはいかがでしょうか。

(予約不要・無料らしいです)









by HoppyKosey | 2018-10-23 00:58 | 音楽 | Comments(0)





敬愛する両巨頭でありますが
やはりこういう曲ではオスカーピーターソンの独壇場です。






















by HoppyKosey | 2018-10-06 00:03 | 音楽 | Comments(0)