人気ブログランキング |

カテゴリ:ひとこと( 512 )


敵を追い詰めたら、敵の逃げ道を作っておくというのです。

敵を潰さないでおき、それ以降、服従させるためです。

こうやって秩序というか平和をつくってきたというオハナシ

トランプ外交の報道をみてふと思い出した寓話です。





by HoppyKosey | 2019-05-20 00:52 | ひとこと | Comments(0)

プリントゴッコ


a0163788_19514322.jpg



これ、持っていました。

サザンオールスターズがデビューしたころ
タバコのマイルドセブンが発売されたころのことです。

2,3年間、これで年賀状を作ったりしました。

製版にはカメラ用のフラッシュバルブが必要でした。
消耗品で1本100円くらいと少し値が張りました。

でもそれまでは芋版、ゴム版、木版・・・・
これは家庭用印刷機として革命的でした。








by HoppyKosey | 2019-05-19 00:51 | ひとこと | Comments(0)


2020のオリンピック開催地が東京に決まったとき

「おもてなし」とかにシラッとしました。

なぜかバリバリの政治主導


顔はスポーツ応援ですが腹の中は経済効果、つまり金儲け。

1964年の東京オリンピックで「日本」が高度経済成長に突入したコトを思うと

確かに経済発展の呼び水的効果はありました。


そうならば開催権は経済的中進国に譲った方がいいと思います。

経済格差は縮小した方がいいから。


もうひとつ、友人のアスリートがもう20年以上前に呟いた一言


「なんでニッポン頑張れって言われなきゃならないんだ?

俺はニッポンじゃなくて俺なのに」


その時は聞き流した程度でしたが今も頭に残っています。

オリンピック大会も選手たちも
今や経済効果のために政治的に利用される
そんな感じでしょうか。





by HoppyKosey | 2019-05-14 00:03 | ひとこと | Comments(0)

トイレの水漏れ


「水道メーターがいつも回っていて水漏れの恐れがあります。」

そんなお知らせがポストに数回

やれやれ、どこかな・・・

なるほど普段使っていないトイレからかすかな音が

業者に来てもらって修理。

水漏れ原因は止栓ゴムの劣化。

これの交換だけなら数千円ですが、今後のコトを考えると部品全体を交換した方がいい

とのことで出費は3万円近く。


うへぇ

ところで、例のお知らせに「修理をしたら連絡をするように」と書かれておりました。

とりあえず電話をすると修理日時や業者名を尋ねられました。

さて、ひと月くらい経って来た上下水道料金の請求書

想定漏水量分の料金が差し引かれていました。

おや、このきめが細かい仕組みには感心!

ふと、昨年12月の水道法改正

いわゆる民営化を思い出しました。

こういうケースはてんてんてん






by HoppyKosey | 2019-05-11 00:04 | ひとこと | Comments(0)

天皇の交代と改元 そして憲法記念日

改元は11日あるいは41日のほうがわかりやすかったと思います。




51日、テレビではさまざまな特番が組まれていたようですが、ワタクシの周りでは話題にする人もなく穏やかでした。

ところで天皇家は千年以上も続いている希有な家系と言われています。

天皇家が滅ぼされなかった理由は

「権威」を持ちながら「権力」は持たなかったためだと思います。



「権力」を持てば権力闘争の潰しあいに巻き込まれていたはず。

千年以上も闘争に勝ち続けるなど無理なことです。


歴史上、100人以上の天皇がいましたが、権力志向だったのは後醍醐天皇くらいでしょうか。

一方、天皇はずっと、その時々の権力者に「お墨付き」を与える役割を担ってきました。

上から授けるので「権威」が要ります。


たとえば鎌倉幕府や江戸幕府の「将軍」は「征夷大将軍」の略で、政権担当を天皇から許可された軍人です。



ヨーロッパの「王権神授説」ではキリスト教の「神」が「認め」たとしましたが

日本の権力者たちにとってはその代わりの「天皇」が必要でした。

一般庶民にとっては関係ない話です。



いまの憲法では天皇を「象徴」とさだめ、「国政に関する機能を有しない」としてあります。

戦後GHQマッカーサーが原案をつくりましたが、そもそも天皇家は古来よりそうだったと思います。


重要なのは、天皇を利用してはならないということを明文化した点でしょう。







by HoppyKosey | 2019-05-04 00:48 | ひとこと | Comments(0)


1920年第1回国勢調査のことが新聞記事に載っていました。

101日午前0時に在宅した人の続柄を回答する欄が設けられ

内縁関係も「夫婦」と回答するよう示されたそうです。

当時流行していた都々逸がイケてます。



「客と書かうか夫婦と出さうか いっそう義理立て帰そうか」


「世間晴れての夫婦じゃ無いが  粋な調査が妻とした」



ホッコリします。


by HoppyKosey | 2019-04-29 00:05 | ひとこと | Comments(0)
2016年のバス事故ではたくさんの若者が犠牲になりました。

この4月、東京地裁にて亡くなった1遺族と運行会社で和解が成立したとのことです。

生涯に得られたはずの賃金である「逸失利益」と「慰謝料」合計で13千万円


金額はともあれ「慰謝料」が遺族に支払われるのは理解できます。

「逸失利益」の算出方法もとりあえず理解出来ます。


分からないのは、この「逸失利益」を受け取る権利が誰にあるのかという点です。


生涯賃金はすべて遺族が受け取る筈だったから・・・ということでもないので












by HoppyKosey | 2019-04-24 00:39 | ひとこと | Comments(1)

ゴミ収集車の人

出勤途中のこと、朝7時頃、もうゴミ収集車がやってきていた。
作業員はクルマから降りゴム手袋をはめながら小走りに集積場へ

駐車車両がいて収集車は少し離れたところに停まっていた。

彼は一人で何往復もて十数個のゴミ袋を車に放り込んだ。

あ! 一つのゴミ袋が何の拍子で破れて中身が道路に散らばってしまった。

彼はさっと腰をかがめてそれをゴム手袋で集め
ゴム手袋を外しながら小走りに車に乗り込んだ。
次の集積場が向こうに見える。

作業は一人、運転するのも彼だった。


このシゴトはつくづく過酷だと思った。
どうにかすべきだろう。

少なくとも作業員を増やすとか回収車の台数を増やすとか・・・


外国で見たことがあるのが、道路脇にゴミ投入口がありゴミは地中の箱に収まるやつ。
収集車が来て道路の蓋を開け、ゴミの箱ごと吊り上げて持って行った。
代わりの空箱を下ろして置いていくわけだ。
この方がだいぶいいと思う







by HoppyKosey | 2019-04-23 00:53 | ひとこと | Comments(1)

カルロス・ゴーン

会社のカネを使い込んだということなら
会社が怒って当然、返せということだろう。


ところでワタクシにとってはあまり関係ないハナシ。

この使い込みでクルマの販売価格が吊り上がっていた
ということでもなさそう

ニュースショーでセンモンカが訳知り顔で説明している。

ふと、この騒動はいったいなんなんだろ?と思う。










by HoppyKosey | 2019-04-15 00:00 | ひとこと | Comments(1)

そんたくしました


副大臣が「私がそんたくしました」と発言


するとスガさんやアソーさんは

「緊張感が足りない」と苦言を呈しておりました。

これって

「余計なこと言いやがって・・」

「ホントのこと言いやがって・・」


って聞こえたのは私だけでしょうか。






by HoppyKosey | 2019-04-14 00:27 | ひとこと | Comments(0)

お気楽にどうぞ


by ほっぴいこうせい