人気ブログランキング |

カテゴリ:呑み鉄( 60 )

「みんなで呑み鉄」は要するに列車で宴会

列車選びはトイレ付、クロスシート、座れることが条件だがさらに安さも重要
だから特急列車は避け臨時快速指定席が狙い目、普通車グリーンもOK。

行き先はどこでもいいが行った先で何かしたほうがいい、日帰り温泉あたりが無難。

月末に8人で新宿発鬼怒川温泉へ廃墟見物と温泉を予定
今回は特急利用、というのは
「えきねっと」で50%割引切符が発売されたからだ。

ところがこの切符、販売席数が僅かだったようで事前予約を入れたのだが外れてしまい
残念ながら通常料金で行くことになった。一人分なら取れたのかも知れない。

みなさま、他のお客さまに迷惑なのであまり騒がないように。












by HoppyKosey | 2019-06-18 00:48 | 呑み鉄 | Comments(0)

a0163788_21282783.jpg

数年間、観光・旅行学の講座を一緒にやってきた古谷あつみさん
鉄道研究家でもあり呑み鉄には顧問として参加してもらいました。

さて彼女のラジオ番組が今週からスタートします。

毎週土曜日18時からとのことですが
WEBラジオではあとから好きな時間に聴けるようです。

彼女の頑張りを期待しているところであります。














by HoppyKosey | 2019-04-05 00:27 | 呑み鉄 | Comments(0)

プチ呑み鉄


平日の午後、仕事が空いたので「プチ吞み鉄」



ロング缶2本と助六を買って小田急ロマンスカーで箱根湯本へ



渋沢を過ぎると家並みが無くなり林を縫って列車は坂を下っていきます。

最後部車両の右の窓側席が楽しい。

クネクネと曲がりながら最前部車両がトンネルに突っ込んでいくのが見えます。

対向列車のすれ違いも面白いです。



トンネルを越えて流沿いを下っていくと左手に馬が居ます。



小田原駅を過ぎると単線で両側がぐっと狭くなり、

列車は極端にスピードを落として今まで以上にクネクネしながら今度は登っていきます。


途中通過駅のホームはロマンスカーよりはるかに短くて

先頭車両がとっくに通り過ぎても最後部はこれからホームに取りかかるところです。



単線ですが一部ロマンスカーがすれ違う場所があって

ここのギリギリ感も楽しみ。




さて

帰路は暗くなっての最前席が幻想的。

電車のヘッドライトは薄暗い感じで心許ないのですが、それでも鉄路が光ってまっすぐ続き

線路のアップダウンもよく判ります。



ロマンスカーはそもそも車内がかなり静粛

しかも平日の夜の上りとなると乗客もほとんどいません。

なおさら幻想的な気分



渋沢を過ぎると街の明かりがだんだん増えてきて

向ヶ丘遊園を過ぎると線路が複々線になり新宿行の同じ向きの列車と併走したりします。

併走車両は車内が明るく輝いています。



とはいえ帰り用に補充したロング缶でたいがいこの頃は眠ってしまいます。





by HoppyKosey | 2019-03-09 00:48 | 呑み鉄 | Comments(0)


「みんなで呑み鉄」というのは電車での宴会



a0163788_22391216.jpg



今回は東急東横線で吞むというナイスな企画でした。

横浜と秩父間を土日だけ23往復運行される全席指定の「Sトレイン」




a0163788_23080073.jpg



a0163788_22400470.jpg

参加者6人、たっぷりお酒などを買い込んで横浜から飯能に向けて出発

新車の香りがする明るい車内

さっそく乾杯といきたいところが、事件発覚



a0163788_22402708.jpg


ごらんのとおりです、これでは1時間半の「吞み鉄」ができません。

この電車、トイレが1つしか無いのです。

後続の代替列車もあるわけが無く、次の停車駅自由が丘で打ち切りとしました。

誠に残念無念。

これまでの「みんなで呑み鉄」企画にはいくつか条件があります。

トイレがある、クロスシートである、座れる・・・これは最需要

料金が安い・・・なるべく特急には乗らず、また休日パスなどを活用

珍しい列車・・・「武蔵野貨物線で吞む」「一都五県貫通する列車で吞む」「半お座敷列車で吞む」など



今回の「東急東横線で吞む」はこれらの条件をクリアしていたはずでした。  






by HoppyKosey | 2019-02-14 00:37 | 呑み鉄 | Comments(0)


東京立川から多摩センターへ


モノレールならではの車窓風景はまことに気持ちがいいものです。

騒音も僅か

アップダウンを繰り返しながらクネクネと軌道を進んでいきます。

広々とした視界で家々を見下ろしながら、日に輝く川面を渡り、

坂を登っていって林を過ぎるとぐっと高度を下げ

トンネルで丘陵を抜けていきます。

この日は日曜日、動物園へ行く親子で混雑していました。

ベビーカーを携えたヤンママの二人連れ、

「遅いよね、この電車」

「そうよねー、いつもムカつくよねー(笑)」

うむうむ、確かにスピードが遅い。

一瞬、ツツーっと加速するけどすぐ歩く速さくらいに減速

この繰り返しでムカついてきました(笑)

曲がりくねっていて駅間が短いとはいえ

走り方が臆病な多摩都市モノレールでした。

構造上、しかたないようです。

ちなみに自動運転です。









by HoppyKosey | 2019-02-06 00:44 | 呑み鉄 | Comments(0)

a0163788_20593234.jpg



平成生まれの人だけ答えてください。






新津にて






by HoppyKosey | 2019-01-25 00:57 | 呑み鉄 | Comments(0)



ディーゼル1両ワンマンで

ダイヤも昼は1時間に1本程度という

ザ・ローカル線であります。


これが名古屋の都市部を全線高架・複線で走っています。

まれなるチグハグ感です。


東海道本線名古屋駅の隣にある枇杷島駅から分かれて、

中央本線の勝川駅までショートカット


といきたいところ勝川駅で線路が繋がっていません。

あと数百メートルのところでブチキレてます。

惜しい!


夕方、勝川から枇杷島まで乗りました。


JR中央本線の勝川駅を出ると向こうの方にぼんやり明かりが・・・


a0163788_18494649.jpg



案内がありました。

駐車場だらけで寂しいです。


a0163788_22173156.jpg


着いた、この上のようです。

左が中央本線高架

右手が城北線高架

高さは揃っているのに

ご覧の通りブチ切れています。


a0163788_18504209.jpg



a0163788_22175741.jpg


階段を上ってさらに先へ

a0163788_22193692.jpg



かわいい列車がいました。

まさに居るって感じ。



a0163788_22210282.jpg

ガラガラのまま出発 18時頃なのに


a0163788_22212317.jpg


呑み鉄なう





a0163788_18515745.jpg


大都市を眼下に走り抜けていきます。


20分ほどで終点の枇杷島駅到着


ここは東海道本線と接続しています。



a0163788_22221739.jpg


始発の勝川駅は出改札が無く

終着の枇杷島駅で料金を払い乗車証に交換。


a0163788_22232805.jpg


名古屋方面のJRは超混雑

大変な落差です。



全く採算がとれないハズなのになぜ運行しているのか調べました。


へえ、そうなのか・・・・

勉強になりました。






by HoppyKosey | 2019-01-15 00:14 | 呑み鉄 | Comments(1)


リニア新幹線の工事が始まっています。

リニアモーターカーは既に地下鉄大江戸線などで実用化されていますが

浮上式となると上海のものが有名です。

でも世界にもうひとつ浮上式の営業路線が名古屋にあるというので乗りに行きました。


a0163788_21172357.jpg

通称リニモ、名古屋郊外の藤が丘と八草の9kmを結んでいます。

2005年愛知万博のときに開通しました。

藤が丘駅は地下駅、ごらんのように独特な軌道


a0163788_21150669.jpg



完全無人運転 運転台にカバーが掛かっています。

リニアはベルトコンベアに乗っているようなものなので無人運転は当然かもしれません。





a0163788_21154378.jpg

ムーンという感じで出発、浮かんでいる印象はありませんが音が静かで乗り心地も上等。

どのくらい浮上しているかあとで調べたところ8mmだそうです。


a0163788_21163751.jpg


アップダウンに強く最高速度が100km/hという優れもの。


a0163788_21170391.jpg

藤が丘を出ると高架になります。

走行音が静かなため遮音壁がなく眺望良好





a0163788_21181306.jpg

駅に停まるときググッとしますが地べたに降りたのかどうかは判りませんでした。





このリニモ、なかなか経営は難しいようです。


by HoppyKosey | 2019-01-03 00:13 | 呑み鉄 | Comments(0)

先日、名古屋からこだま号で新横浜に戻った。
のぞみなら1時間半程度だがこだまは2時間半かかる。
倍まではいかないがのんびりだ。
でも呑み鉄ならこのくらいの時間は乗っていたいものだ。
各駅停車というのも今どこまで進んだか実感できて旅情がある。

ところでこだま号のスピードが遅いということはない。
最大限にかっ飛ばしている。
常に後ろからのぞみ号やひかり号が追っかけてきているからだ。


a0163788_22534102.jpg

途中駅でやり過ごすのだが時刻表で数えてみたら
名古屋ー新横浜で12本ののぞみ・ひかりに抜かれる。
ひと駅で二つに続けざまに抜かれることもしょっちゅうだ。
車内販売はないが5分間の停車ならホームの売店で買い物ができる。




by HoppyKosey | 2018-12-31 00:41 | 呑み鉄 | Comments(1)

相鉄で呑み鉄

a0163788_19442589.jpg

相鉄線は神奈川県の横浜駅と県央地区を結ぶローカル私鉄

クロスシート付きの車両が走っています。

先月の「こどもの国線」では終点まで7分で呑み鉄は成就しませんでした。

相鉄線は30分以上乗っていられます。

先日湘南台でシゴト、

湘南台は相鉄いずみの線の終点なのでチャンス到来。

ここから横浜まで懸案の相鉄呑み鉄です。

ちょうどクロスシート付きの電車が発車待ち。

各駅停車横浜行、ラッシュの逆方向でガラガラは想定通り。

座り心地のいいシート、東海道・横須賀線車両より快適。

これは相鉄自慢の自動開閉窓スイッチです。



a0163788_19450112.jpg

ゆったり気分で終点横浜

そのまま折り返して呑み鉄の続きといきたいところですが

ホームには乗ってくる通勤客がビッシリ

40分間でしたが満足





.



by HoppyKosey | 2018-11-19 00:43 | 呑み鉄 | Comments(1)