人気ブログランキング |

<   2014年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

このエレピ いいっ!





ワタクシはこういうのが大好きなんです。

United Future Organization : The Sixth Sense
by HoppyKosey | 2014-10-20 00:36 | 音楽 | Comments(1)

矢嶋先生  イカの発光



海辺に住んでいたときには「カニ籠」でワタリガニを捕ったりしました。

イカを餌にしたときのことです。

イカの切り身を冷蔵庫から出し、カニのエサ用に小さく切ります。

すると!!!

切断面から、ほとばしるような鮮やかなコバルトブルーがキラキラと発光!

冷蔵庫に数日目から入っていてもでありますっ!!

海辺で籠にくくりつける時にもきらきら光ります!!

とても不思議でした。


この矢嶋先生の実験を拝見して長年の疑問が解けました。










by HoppyKosey | 2014-10-19 00:02 | 調べてみた | Comments(1)

中本の北極カップ麺

中本の北極カップ麺_a0163788_214026.jpg


辛くて有名な蒙古タンメン中本、そのメニューの中も最辛が北極ラーメンです。
店員さんに「初めてですか?」「大丈夫ですか?」と確認されることもあるほどです。

そのカップ麺がセブンイレブンで売られていたのでさっそく食べてみました。

店で食べる時のようにゆっくり食べましょう。
気管に汁が少しでも入るとしばらく咳が止まりませんよ。

というほど辛いのはさすがでした。
でも店の北極に比べるとそれほどでもない。
辛いだけでなく旨味もしっかりしていて美味しかったです。

麺は中太ストレート麺を意識していて健闘賞です。





中本の北極カップ麺_a0163788_215007.jpg

by HoppyKosey | 2014-10-18 00:39 | 激辛マイブーム | Comments(1)

夕景 グランド

夕景 グランド_a0163788_21542276.jpg



2014/10/9    iphone
by HoppyKosey | 2014-10-17 00:53 | 写真 | Comments(2)

ピンク・フロイド 新作 The endless river_a0163788_20201445.jpg


来月発売です。20年ぶりだってさ~

「炎」 Wish you were here を買った時のことはとてもよく覚えてます。
とにかく早く聴きたくて、吉祥寺の輸入レコード屋にイギリス盤を注文しました。
国内販売より1か月も早く手に入るからです。
入荷予定前日は興奮して眠りが浅かった。

イギリス版のオマケがついてきました。 ステッカーやペンダント、いま思えばレアものだったね~
その晩は5回は聴きました、覚えこむほど。

それほど大好きだったフロイドだったけど「アニマルズ」に少しがっかりし「WALL」から離れちゃいました。



さて今回の音源を少し聴いてみた。
うーん、デイブギルモアはやっぱりいいわあ!



http://www.pinkfloyd.com/theendlessriver/listen
by HoppyKosey | 2014-10-16 00:18 | 音楽 | Comments(1)



左がヤロン・コールベルクでイスラエル生まれ
右がビシャラ・ハロニでパレスティナ生まれ

二人とも1983年生まれの31歳

11月に来日公演があります。



* イスラエルは軍事占領地をから撤退し入植地のフェンスを撤去。パレスチナ国を承認してね。
* パレスチナ国はハマスによるテロを根絶し、国内世論を統一してね。
* アメリカはイスラエル支援をやめてね。
by HoppyKosey | 2014-10-15 00:10 | 音楽 | Comments(1)

見事なバカバカしさ

TBSテレビ 2014/10/10より

韓国国防部によりますと、北朝鮮軍は10日
韓国の脱北者団体が上げた北朝鮮を非難するビラ風船をめがけて高射銃で銃撃
、銃弾数発が韓国側に着弾しました。
これに対して、韓国軍が機関銃で40発あまり対抗射撃したということです。

 北朝鮮は、
「ビラが飛ばされれば南北関係は収拾のつかない破局に向かう」
と事前に警告しており、
今回の衝突は今月末から再開する予定だった南北高官級協議に影響を与える可能性もあります。




内容と報道すること意味が
見事にバカバカしいので
みなさんに紹介しました(^ ^)


見事なバカバカしさ_a0163788_23332269.jpg

by HoppyKosey | 2014-10-13 00:17 | バカバカしいお話 | Comments(4)

ライブのご案内 沼のともだちShukugawara_a0163788_1957955.jpg


10月26日(日曜)の19時から

川崎宿河原「ポトス」Shukugawara Live! に出演いたします。

ボーカル   心菜
パーカス    HOZUDORA=K  みっちゃん
Cho & Key かよこ
Ph&Bass    Hoppykosey

どうぞお時間お繰り合わせいただきお誘い合わせのうえお越しください。
わたくしたちの出演順は2番目で19時半頃です。


チャージ500円
居酒屋&レストラン「ポトス」のメニューはほとんどが500円
お気軽に暴飲暴食できます。
JR南武線宿河原駅から徒歩30秒です。



がんばりますのでよろしくお願いします (^ ^)
by HoppyKosey | 2014-10-12 00:55 | ちぇこかっぱ | Comments(1)

クライマー パタゴニアの彼方へ_a0163788_2012186.jpg

天才クライマーであるデビット・ラマが、南米パタゴニアのセロトーレ山登頂(3000m)にフリー・クライミングで挑んだドキュメンタリー映画。

フリー・クライミングというのは、ロープを手繰ったり岸壁にボルトを打ち込んで足場にしたりせず、自分の手足だけで岩場の出っ張りを選んで登ります。

南米パタゴニアは緯度が高く山岳地は氷河が覆う厳しい大自然です。
セロトーレは山というより天を突く「塔」といった感じでした。

1度目のチャレンジは天候不順で引き返し、2度目のチャレンジはかつてのクライマーが打ち込んで残したボルトを使ったためフリーと認められませんでした。
そして3度目に彼はフリー登頂に成功しました。
垂直な岸壁を登る彼のヘルメットカメラがとらえた映像は
どっちが上方なのか下方なのかすぐにはわかりません。


彼の難業もさることながら撮影隊の運動力、技術力に驚かされました。
カメラを担いで一緒に登り、先回りして上から、遠回りして横から彼をレンズで捉えます。
そしてヘリコプターの撮影隊、ギリギリの気象条件のなかで岩肌をなめるように飛びまわる操縦テクニックは見事です。

さてこの映画、あとから考えさせられます。

「ボルトを打ち込み山を傷つけながら登るというのは、山に対する冒涜だ。
だからフリーこそ正しい登り方だ。
しかしこの山はフリーで登頂することは不可能だ」

そう先輩クライマーが語るシーンがあります。
しかしデビットはフリー登頂に成功しました。
が、大勢の撮影隊がボルトを打ち込みながら、ヘリで輸送されながら登りました。
これを彼は批判するわけです。

ワタクシはこの映画によって素晴らしい光景を垣間見ることができました。
それは登山が見世物になったともいえます。技術力の成せる業でもありますが・・
by HoppyKosey | 2014-10-11 00:57 | 映画・舞台 | Comments(1)



なるほど  使えますかね(笑)
by HoppyKosey | 2014-10-10 00:59 | 音楽 | Comments(1)